【感想・ネタバレ】町山智浩・春日太一の日本映画講義 戦争・パニック映画編のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年10月20日

前巻は時代劇映画について語った本で、今回は戦争アクションとパニック映画について語った本。内容は言うこと無いくらい面白い=その映画を見たくなる仕上がりだが、少し思うこともある。

時代の流れとともに「戦争」がアンタッチャブルなものとなり、「エンタテインメント」とのハイブリッドが困難なものになってしまっ...続きを読むた(「不謹慎だ」と怒られる)ようになってしまったのは、悲しむべきか良いことなのか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月12日

実際には、「日本沈没」の章だけ読んだところ。

爆発の昭ちゃんへのリスペクトが嬉しい(笑)

黒澤組+円谷組って、そういえばそうか、と今更ながら納得。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年10月02日

ほんとこの人達、映画についてならずーっと何時間でもしゃべっていられそう。
この中で語られてる映画で視聴済みなおのは「人間の条件」(さすがに全部は見てないけど)と「新幹線大爆発」「日本の一番長い日」の3本。
観た映画をこんだけ詳細に裏話しや俳優のエピソードなども語ってくれると面白い。
著者ふたりが声を...続きを読む揃えて、三船敏郎のナンバーワンという「血と砂」岡本喜八監督、(日本のプライベートライアンだそう)是非、観てみたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月10日

どの作品の解説もすばらしかったが、特に「日本のいちばん長い日」がよかった。思わずBDを買ってしまったくらい。現場スタッフの証言から、洋画に与えた影響まで、幅広い視点で解説してくれるのはこのコンビならではだなあ。お二人のSNSでのやり取りを見る限りでは次回作はなさそうだが、本当は今後も続けてほしいとこ...続きを読むろ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月07日

 戦後日本で多く作られた戦争・パニック映画から見る映画史。基本的には有名作品がほとんどだが、黒澤明と三船敏郎、小林正樹と仲代達矢、田中友幸と田中収、橋本忍、長坂秀佳ら、人間関係や人間像に焦点化しつつ作品を読み解いていく視点はとても勉強になる。個人的には、『兵隊やくざ』シリーズの勝新太郎にしても、初期...続きを読む黒澤映画の三船敏郎にしても、戦後日本映画は、じつは〈かわいい少年のような純粋な男たち〉を一貫してヒーローとして描いてきたのだ、という発見もあって、面白かった。

 かねてから、戦後日本の戦争映画が作ってきた「戦争」の表象と記憶について考えてみたいと思っていたが、本書はその入口として相応しい内容と思う。岡本喜八の『独立愚連隊』『血と砂』への注目にも、膝を打ちたくなった。これらの作品は、田村泰次郎の小説と並んで、戦後における日中戦争表象を考えるうえできわめて重要。どこかに先行研究は出ているのか?

このレビューは参考になりましたか?