【感想・ネタバレ】嵯峨野明月記のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年09月19日

今年の夏の長編読書は辻邦生の嵯峨野明月記.しばらく前に買ってあったのだが,まったく,改行のない文章の密度に,なかなか読み始める機会が来なかった.
さて,実際に読み始めてみると,小説世界にすっかり入り込み,電車の中で,あるいは夜の時間に,本を開くのが楽しみでならなかった.

一の声が本阿弥光悦,二の声...続きを読むが俵屋宗達,三の声が角倉素庵.この三つの声が,交互に語り合うことで話が進む.信長の時代から,秀吉を経て,江戸初期に至る時代を背景に,自分の芸術,学問の獲得に格闘する三つの声.はじめは全く違うテーマを奏でているのだが,それに少しずつ響き合う様子が生まれてきて,三人の力で嵯峨本とよばれる豪華な装丁の活字本を作るクライマックスに至る.この構成を考えた作者はきっと,バッハを意識していたと思う.

緻密で理知的な文章,難しい漢字(私には読めない,意味がわからない漢字がたくさんあった.何度,漢和辞典を引いたことか!)と,本書を読むにはいろいろ高いハードルがあるが,最近の小説に物足りなさを感じている人や,辻邦生の初期の「夏の砦」「回廊にて」を好きだった人には,大きな読書の楽しみを約束する本である.

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年06月09日

同じ時代を生きた3人が、それぞれに感じる苦悩や喜びを、互いに重なりあるいは離れた場所、時間で語る形式ですが、私には「沁みる」という表現しかできません。芸術や技能、事業といったそれぞれの分野において、高いレベルにあるとは言えない自分が登場人物の内面まで理解できるのかといえば、分かりえないのかもしれませ...続きを読むんが。
辻邦生の作品は、大げさな技巧などは使わないのに、繰り返して読みたくなる魅力があると思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月06日

辻邦生 「 嵯峨野明月記 」

面白かった。

著者の人間観、事業観、死生観を 素庵、光悦、宗達の人物設定に取り込みながら、三人の精神が 近づき、結びつき 嵯峨本の創作に至る物語。

権勢者の移り変わりに 虚無を感じた 創作者や民衆の 華麗、荘厳、簡素な世界を求める心が 嵯峨本につながった事を示唆
...続きを読む

著者の人生観(今という虚無感、存在感)
*日の光〜今日あって明日は もう消え果てて存在しない
*自分の生命に充実があれば それでいい

一の声=私=本阿弥光悦
*もう十分生きてきた〜戦乱に生きた人達を思い出す=自分の生涯をもう一度生きること
*刀剣の鑑定〜代々の家訓を畏れ謹んで生きてきた〜政略軍事に関与しない家訓
*母の落ち着いた慈悲と燃える心情
*私には 平衡のとれた 静かな 端正な生活が必要

二の声=おれ=俵屋宗達
*おれは何も持っていない〜ただ絵筆を握るだけ
*人間として生まれたのか疑わしい〜心に焼きついているのは 棄丸の輝く大きな眼
*華麗で枯淡、幽玄、荘厳で簡素な世界を描きたい

三の声=わたし=角倉素庵
*古書や歌巻に生きるのが 使命
*自分の中に争う二つの魂を感じる

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月27日

元亀天正の信長の勃興から、本能寺の変、関ケ原をへて徳川の御代へと大きく揺れ動いた時代、日本書誌上、もっとも豪華と言われる本が出版された。「嵯峨本」とも「角倉本」とも称される書物。恥ずかしながらこの小説を読むまでまったく存在を知りませんでした。
本書はその嵯峨本の成立に深くかかわった三人の男たちの物語...続きを読む
流麗な書をものした本阿弥光悦、下絵は琳派の俵屋宗達。二人の天才を結びつけた版元は高名な企業家を父にもつ角倉素庵。
物語は、三人の男たちの独白で織りなされる。一の声は「私」こと光悦。二の声は「おれ」の宗達。三の声は「わたし」素庵。
私たち読者は、闇につつまれた一室で、彼らの声に耳をかたむけることで、信長や光秀、秀吉といった為政者の興亡や世の中の動きをたどりながら、三人の内面の深化や美への情熱を追体験する。
このあたり、遠くヨーロッパからやってきた宣教師の視点から信長の生涯を追った「安土往還記」と手法は同じで、美しく端整な文体で読者を物語世界に引き込んでくれる。
三人の語りの色彩の違いゆえ、最初は読み進めるのに苦労するけれど、中盤以降、その違いが逆に物語に深みをあたえ、フィナーレに向け大きな流れを形作っていく。
夜の帳、月を眺めつつ読むには最適の一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年04月25日

煤けた戦の臭い、殺伐とした有為転変。そのなかでかわらぬもの。
ひたぶる流れ、蛇行する流れ、穏やかな流れ。水脈を同じとする三者三様の流れの面を見ているようで、読んでいるのが心地よかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年06月25日

俵屋宗達、角倉、本阿弥光悦の3人の語りが織り成す群像劇。戦国から江戸政権の成立までの激動の時代を生きた3人がそれぞれの立場でそれぞれを語り、時には重なり合い、同じことを別の視点から語る。同じ出来事を別々の視点で語る藪の中とは違い、人生の一部においてそれぞれが共に過ごした時があり、その人生の一部として...続きを読む語られる。
辻邦夫は何度再読しても味わいが深い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年01月01日

嵯峨本を刊行した角倉素庵、俵屋宗達、本阿弥光悦を通した美の追及話。文章が綺麗。でもちょっと冗長過ぎるな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年10月06日

信長・光秀・秀吉・家康への権力の移行期に本阿弥光悦、俵屋宗達、角倉素庵という美を追求した3人の文化人の心の内面が語られる。そのゆえに現代に生きる芸術家のような親近性を感じるのが不思議。3人は別々の語りをしながら、彼らの書・絵・そして装丁の才能が美しい本の実現に結びついていくお洒落な作品である。京の人...続きを読む々の権力に対する恐れが噂を通してリアリティに富む。光悦が月の明るさに誘われて池の畔で出会った土岐民部の妻、そして光悦自身の妻が魅力的。彼女たちの描写に日本語の美しさを堪能する。

このレビューは参考になりましたか?