【感想・ネタバレ】月と太陽のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2015年12月15日

短編5作。
すぐそこにあるような未来のかたち。
難解な部分も多いけれど、そこには温かみがあり、希望がある。
それがこんなにもうれしいとは。
わたしたちはどこまでゆけるだろう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年12月09日

 瀬名秀明さんの作品を読むのは、日本SF作家クラブ会長就任前に書かれた短編集『希望』以来である。本作『月と太陽』は、日本SF作家クラブ会長辞任・退会後に刊行された。その間に何があったのか。現在では公式サイトも消滅している。

 『希望』は哲学的問いかけの連続で、僕にとっては難しい作品集だったし、瀬名...続きを読む作品から遠ざかるきっかけになった。久々に読んでみる気になったのは、本作の文庫版を見かけたからである。今回も戸惑うであろうことは、覚悟の上。

 「ホリデイズ」。瀬名さんが飛行機の操縦免許を取得したことは知っていた。作中の作家とは、ご自身がモデルだろう。もっと飛びたいけどお金がないとか、あまりに生々しいし、痛々しいではないか。作家としてヒットに恵まれているとは言い難いだけに…。

 一押しは「真夜中の通過」。瀬名さんとは母校が同じなので、キャンパス描写が懐かしい。JAXAによる「はやぶさ」のミッションを彷彿とさせる、人工衛星を巡る物語。それは一筋の光明だった。物語だった。こういう熱気を、僕はとっくに忘れている。

 ここからやや難解になる。「未来からの声」。タイトル通りのタイムトラベルネタだが、声だけが未来から届いたらしいという設定。本編には、東日本大震災と思われる記述があちこちに出てくるが、それ以前の過去にメッセージを送れるものなら送りたい。

 最も長く、最も難解な「絆」。前作『希望』の流れを汲んでいると思われるが、これが瀬名さんが考えるSFの形なのだろうか。結合して生まれた双子にとって、分離することは幸せと言えるのか? 哲学的な上に時代が大きく前後して、まったくついて行けなかったのが正直なところ。日食に関する話だけは興味深かった。

 最後の「瞬きよりも速く」は、未来への警鐘と受け取ることもできる。ここに描かれたのは、管理社会のなれの果てか。これに近い研究が密かに行われていても、おかしくはない。後半3編中、リアリティという点では最も訴える1編だろう。

 評価されないことへの苦悩をしばしば吐露してきた、作家・瀬名秀明。どうか執筆活動は続けてほしい。僕が作品を受け入れられるかは別として…。

このレビューは参考になりましたか?