【感想・ネタバレ】理系な彼女の誘惑がポンコツかわいいのレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年09月10日

 昨今流行の兆しを見せる、「相手に惚れた方が負け」系の恋愛ゲームジャンルの作品である。
 ここに理系ネタを挟む、流行×流行みたいなジャンル悪魔合体型作品であるが、意外なくらい真摯に理系ネタにアプローチしているのが特徴だろう。

 本筋は、学院の推薦を懸けて天才型少女・弥勒院由槻と、主人公で彼女の言動...続きを読むを理解することができる努力型主席・久遠寺梓の二人が、ポンコツな感じに恋愛ゲームを繰り広げる感じである。
 お互いがお互いに好意を持っていることは徐々にストーリー進行に従ってあからさまになっていくが、それでもゲームという図式で戦う彼らはなんともズレていて、実にポンコツだ。
 その意味で見ればかなりオーソドックスな恋愛物語なのだが、その背景を彩る数式の数々がこの物語の質を飛躍的に高めている。
 ざっと数えた限り、6つの恋にまつわる証明(数式)が作中で紹介されているが、同作者の「数字で救う!弱小国家」シリーズがゲーム理論系の数式が多めなのに対し、こちらでは統計方面の数式が多め。
 その証明内容は実に興味深い。最初に提示された、才能の壁の高さをまざまと感じさせる「恋と努力の決定係数」からして興味を引く内容だ。
 一方、数式紹介の最後に設けられた「まとめ」の雑さ加減もまたいい塩梅で、いい感じに楽しい代物である。なんなんだ、爆発しろって。(笑)

 恋愛に数学を絡める手並みも鮮やかな、正統派恋愛物語である。
 星五つで評価したい。続巻が出るようなら、ぜひ買わせていただきたい一冊である。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

文系が歪な妄想をした与太話

nanjyo 2020年01月25日

無知な人のありがちな妄想話。
理系の発想だからと空想を遥かに超えた妄想。
そりゃあ、中には突拍子もなく変なのいるけど、
日常生活に不自由する様なおかしなのはいない。

地方の公立高校だったけど、東大理三現役合格とか普通にいたし、気付けば京大工学部現役合格とかも。
普通にみんなと遊んでたよ?

身近...続きを読むに居なかったから分からなかったのか?知らなかったのか?
理系に偏見持ち過ぎでは?

このレビューは参考になりましたか?