【感想・ネタバレ】魔法の天使 クリィミーマミ 不機嫌なお姫様 6巻のレビュー

書店員のおすすめ

本作はなんと、1983年から1984年にかけて放送されたテレビアニメ「魔法の天使クリィミーマミ」の【公式スピンオフ】コミックです!
「魔法の天使クリィミーマミ」は、主人公の森沢優(10)が、妖精を助けて授けられた1年の期限付き魔法のステッキで16歳に変身してみたことで、ひょんなことから望まないながらもクリィミーマミ(16)としてアイドルデビューすることになり、魔法がバレたら使えなくなってしまうという緊張感の中で主人公が奔走する優とクリィミーマミの二重生活を描いたアニメでした。そして本作は、原作アニメに登場するクリィミーマミのライバル・綾瀬めぐみを主人公として、基本的には原作のストーリーをなぞっていくものなのですが、アニメのキャラクターデザインである高田明美さんの画とコミックを担当している三月えみさんの画にまったく違和感がないこともあり、40年近く前の作品のスピンオフとは思えぬ完成度! 原作を知らずに本作だけを読んでもお話としておもしろいですし、そして何と言っても、クリィミーマミの身元を執拗に探ったり事務所社長の立花慎悟に何かとビンタを食らわせたりと、原作アニメでは主人公に対抗する悪役のようなポジションで「好かれていた」とは言いがたい綾瀬めぐみが、改めてこの作品で見てみると真面目で健気な努力家(まだ18歳!)であったことに気づかされます。また、大人になった今、ぽっと出のよくわからない小娘に仕事もパートナーも奪われそうになっているのに、それでも自分にできることをがんばろうとする綾瀬めぐみのほうに共感する人は多いのではないかと思います。かわいいぞめぐみ!
カセットテープやダイヤルを回す式の電話など、当時の風習(?)がしっかり書かれているところも見どころです! 原作アニメにハマっていた方にも、原作アニメ未見の方にも、ぜひ読んでいただきたい素敵な作品です。

「女性マンガ」ランキング