【感想・ネタバレ】コオリオニ 下のレビュー

書店員のおすすめ

舞台は90年代の北海道・札幌。エスと呼ばれる情報提供者たちを巧みに飼いならし、拳銃の摘発で頭角を現していった刑事・鬼戸は、美貌のヤクザ幹部・八敷と出会います。互いの利益のために手を組んだ鬼戸と八敷。拳銃の違法摘発にクスリの密輸入など、イリーガルで危険な潜入捜査に身を投じていく彼らは、その果てに一体何を望むのか……。

どこまでもダークでシリアスでありながら、途方もない希望をも感じさせる作品でカルト的人気を誇る梶本レイカ先生。2016年に出版された話題作『コオリオニ』がついに電子書籍化されました!
「俺はただ言われたことをやっているだけだ」と常識人のふりをして、平然と違法捜査を行う悪徳刑事・鬼戸。そして、“囚われのお姫様”を演じながら欲望のままに生きる“稀代の悪女”八敷。刑事とヤクザという正反対の立場にありながらどこか似た者同士の2人は、まるで互いが互いのファム・ファタルであるかのような関係に。一緒にいれば破滅を免れないのに、離ればなれになるくらいなら死んだほうがマシ。そんな欲望と切実さに満ちた恋情に、苦しいほどに胸が締め付けられます。しかし、鬼戸と八敷の間に悲壮感はなく、自分たちの欲望に向かって突き進む姿は、むしろ輝きをまとっているように見えるのです。

最新4巻が同時期に出た『悪魔を憐れむ歌』(新潮社)も警察官が主役のクライムサスペンス。猟奇殺人を繰り返す悪魔と事件を追い続ける刑事たちの奇妙な関係から、人間の欲望をリリカルかつ魅力的に描き出しています。人間のどろどろした部分を毅然と描くからこそ、そこに浮かび上がってくる愛の美しさが胸を打つ梶本先生作品。読めばあなたのBL観、いや人生観が変わるはずです。