【感想・ネタバレ】復興から自立への「ものづくり」 ~福島のおかあさんが作ったくまのぬいぐるみはなぜパリで絶賛されたのか~のレビュー

値引き価格 1,108円 (税込) 7月1日まで
通常価格 1,584円 (税込)
4.0
3件

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2019年07月08日

単純に金銭を援助するのではなく、職を作って被災者が自立して生活する仕組みを作るという支援の仕方。職ができるということは収入ができるだけではなく、作業に集中することが癒しになったり、社会とつながっているという実感が得られたりするという、精神的な効果が大きいことがわかりました。
作品の写真がたくさん載せ...続きを読むられていましたが、どれも可愛い!欲しい!となるものばかりでした。単なるチャリティとしてではなく、本当にいいものを作りたいという職人魂みたいなものを感じてすごいなって思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月30日

震災直後の話ばかりを読むと、あらためて津波被害のすさまじさを実感する一方で、気持ちは滅入ってくるばかりなので、そろそろ復興の話を読みたいと思って読んでみた。結果、いろいろ学びがあり、かつ心温まったので正解だったなと思う。
この本の最後のほうにも「なぜ震災後に多くのものづくりプロジェクトが始まったのか...続きを読む」が書かれているが、他の本もいろいろ読むと、やはり避難生活でやることがないという状況が人を駄目にするからだということなんだろう。本書の記載を借りれば「ものづくりのもつ作業療法的な側面」である。かつ、「物理的な理由」ということで大きな機械等が必要ない手作りモノに行き着いたということなんだろう。
本書には多くは語られないが、これを精神的支柱的なコミュニティ形成とするのか、しっかり稼ぐためのビジネスとするのかは大きな課題だと思う。どの団体だったか忘れたが、その課題を乗り切るために「団体を2つに分けた」という道をとったものもあった。手作りということはそれで稼ごうと思えばかなりの金額で売ることになるので(その好例が気仙沼ニッティングなのだろう)それはそれで難しい。
それから、この感覚はリタイアしたサラリーマンに当てはめられないものかと思った。手持ち無沙汰になったリタイア層に、そこまで稼げるわけではないがよい時間つぶし&小遣い稼ぎになりそう。なかなかそういう動きが生まれないのは、男女の違いなのだろうか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月31日

東日本大震災後、東北各地でものづくりによる復興プロジェクトが数多く立ち上がった。その後、次第に復興という目的を超え、地域ビジネスに成長したプロジェクトも登場している。本書では、数あるものづくり事業の中から、大槌復興刺し子プロジェクトや小野駅前郷プロジェクトなど、21の物語を厳選し、紹介する。


...続きを読む1章 手仕事が“仕事”になる
第2章 “伝統”を活かして
第3章 “未利用資源”に注目して
第4章 地域から“新たなプロダクト”を

このレビューは参考になりましたか?