【感想・ネタバレ】夜はまだあけぬか のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2011年12月10日

盲目なんて自分には想像もつかないような状況でも知的生産の方法が模索されていて、そのような姿勢を見習わなければならないと思た。
あと、音楽に挑むの下りでは体系的・分析的に西洋音楽をとらえるという視座は自分にはなかったし、目から鱗だった。
何事も分析的に物事を見るのはできるかわからないけど、頭の片隅に留...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年02月21日

視力を失った著者がみずからの体験を語った本です。

まだまだやりたい仕事が残っているにも関わらず視力を失ってしまった著者の絶望はどれほど深かったことかと思いますが、文章からはそれほどの暗鬱さは感じられず、むしろ自身の置かれた状況とこれからなしうることを冷静に見つめる姿勢が際立っているように感じました...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月29日

どちらかというと仕事風景がメインで、視力を失った顕学が何を感じ考えたか、という内容は少ない。
著者のファンというわけではないので、著作についてつらつらと書かれても…という感じ。

このレビューは参考になりましたか?