【感想・ネタバレ】いつもそばには本があった。 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年07月19日

新しい形式である。対談でもない。往復書簡でもない。同時代を生きてきた二人のなかで本を介した記憶や思想のネットワークがつながり、広がる。アクチュアルな哲学に興味のある人ならば、引き込まれるはず。いわゆるエッセイやガイド本ではない。

・アーレントは最後まで実存主義を離れなかったには目からウロコ。
・内...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月20日

この本は、ドゥルーズなど仏哲学を中心とした哲学研究者の國分功一郎さんと、雑誌編集者兼ソシュール研究者でもある互盛央さんが、昔読んだ本に関する文章を相互に交換リレーする形式で綴ったものである。フォーマットとしては珍しく面白い仕掛けだが、それが成功してこの本を特別な本にしたかというと、それほどまでではな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?