【感想・ネタバレ】アジア未知動物紀行 ベトナム・奄美・アフガニスタン のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年08月23日

短編、と言うべきか。ベトナム、奄美、アフガニスタンでのUMA探索が集積され、比較して読みながら楽しむ機会を与えてくれた。奄美のケンモンは『神に頼って走れ!』でその一端を読んでいたので、一粒で二度おいしいと言ったところか? 本書のカバーは、それを思うと笑ってしまう。9・11後のアフガニスタンと言えば命...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月27日

今回も面白かった!フイハイとケンモン探しに関してはもはや妖怪探し!?といった感があるが、地元の人になんの疑いもなく「いる」とされていて目撃者もたくさんいるのが楽しい、なんか夢がある。アフガニスタンのペシャクパラングに関しては正体がなんとなく見当がついてきているのに何度も米軍陰謀説にたどりついてしまう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月09日

表題にもあるように、著者の天職ともいうべきUMAものである。しかし、今回は少し味付けが違う。目撃者や伝承者の話など分析して、かなり民俗学的なアプローチでその正体に迫ろうという内容になっている。勿論アプローチがそうだというだけで、学問的な分析が行われているわけではないのだが、単なるドタバタ紀行ではなく...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月16日

ベトナムに猿人フイハイを追い、奄美に妖怪ケンモンを求め、アフガニスタンで凶獣ペシャンクパラングを探す、そんなノンフィクション。未知動物もさることながら、世界の土地土地の風土や生活が面白く描かれているのが良い。

高野秀行の作品では、大昔、『幻獣モケーレムベンベを追え』を読んだが、まだまだ広い世界には...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月18日

未知の動物を探して世界中のどこにでも行ってしまう高野さん。「もう危ないからやめて」という気持ちと「面白いからもっと行って!」という気持ちが入り混じって複雑です。UMAあるところに米軍ありってエピソードが興味深い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年01月11日

やっぱり高野さんの本は面白い!!今冊はアフガニスタンの凶獣『ペシャクパランダ』の話に尽きる。外務省ホームページで危険度最高の危険度4の「退避を勧告します」で真っ赤っかの地域にUMAを探しに行く。これで事故でもあったら…、大丈夫なのかな?と思ったりもするけれど、いつもの高野さんどおり現地に密着している...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年12月31日

ベトナムで猿人「フイハイ」を、奄美で妖怪「ケンモン」、アフガニスタンで凶獣「ペシャクパラング」を探しに出掛けて出会った物は・・・・
高野秀行らしい一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年06月14日

一言で要約すれば『平成版遠野物語』。著者のスタンスは文献主義者・柳田国男と幻視者・水木しげるの中間。前者なら現地まで出かけて自ら聞き取り調査をすることはなかったであろう。後者なら忽ち“未知との遭遇”を果たしていたかも知れない。一方の著者は思い立つやベトナム、奄美、アフガニスタンへと赴き、謎の未知動物...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?