【感想・ネタバレ】不愉快犯 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年01月07日

面白く読みやすくて面白かった。    
刑事訴訟法第340条のことを知ったときは、こういうことが起こりうるんじゃないかと思ったけど、やっぱりこういうことは現実でも起こってるんじゃないかなぁと思わされる小説だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月10日

知的犯罪ゲーム
このゲームの愉悦を求め、多くの悪の主人公が世界制覇や地球征服を企む「最上の楽しみ」
眠い目で読むと分からなくなったので中断して、朝から読んでいました
タイトル通り不愉快な犯人です(笑)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月01日

人気ミステリー作家の妻が行方不明になり、大量の血痕が見つかった現場には彼の靴跡が。
死体が発見されないまま彼を逮捕したが、事件は思わぬ展開へ。

一事不再理で完全犯罪というのは今までにも読んだことがある設定ですが、この犯人は本当に不愉快極まりない。
タイトルの意味がよくよくわかり、読めば読むほど不愉...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月09日

じっくりというよりもテンポよくキャッチーな文章だなと思ったら元々漫画家なのか。そして、一事不再理のことをずっと一事不再審だと勘違いしてたことが判明。初心者でも読めるし濃さもある、幅広い作品。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月21日

人気ミステリー作家・成宮彰一郎の妻が行方不明になった。殺害の現場とされた潰れたビデオ販売店には、大量の血痕と成宮の靴跡が。「遺体なき殺人」の容疑で逮捕・起訴された成宮の、邪悪なる「完全犯罪」プランとは?

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年08月05日

評価は3.

内容(BOOKデーターベース)
人気ミステリー作家・成宮彰一郎の妻が行方不明になった。殺害の現場とされた潰れたビデオ販売店には、大量の血痕と成宮の靴跡が。「遺体なき殺人」の容疑で逮捕・起訴された成宮の、邪悪なる「完全犯罪」プランとは?天才悪役が、警察を、司法を、マスコミを翻弄する前代未...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月13日

邪悪なミステリー作家が計画した完全犯罪。前代未聞の犯罪に、警察・司法・マスコミは翻弄される。正義は果たされるのか。
憲法三九条・一事不再理。ひとたび無罪が確定した被告を公訴事実の同一性を有する訴因で再び訴追することを禁じる司法制度上の原則。いろんなトリックが古今東西あったが、これは斬新です。ただ、魅...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月18日

木内一裕『不愉快犯』講談社文庫。

ミステリー作家が自ら考えた完全犯罪を実証するというストーリー。これまでの木内一裕作品と比べ、出来としては今一つだった。

こねくりまわした完全犯罪のトリックが、何故かあっさりと警察に見破られ、いつの間にやら、ミステリー作家は極悪非道の男のレッテルが貼られるという不...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?