【感想・ネタバレ】人間機雷「伏龍」特攻隊 のレビュー

値引き価格 1,144円 (税込) 2月20日まで
通常価格 1,430円 (税込)
4.7
3件

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年11月08日

 九死に一生という言葉があるが、特攻の本質は「十死零生」である。特攻とはどんな形であれ悲惨なものだが、中でも、ばかばかしいほど哀れなのがこの「伏龍」だろう。本土決戦は避けられないと判断した海軍は、米軍が上陸してくると思われる相模湾、九十九里浜等に、「人間機雷」を置く作戦を考案した。潜水服を着た特攻兵...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年05月08日

終戦間近、本土決戦のために潜水服を着て海底に待機し、棒機雷を突き上げて自爆する原始的な特攻隊【伏龍】が準備されていた。幸い実用される前に終戦を迎えるのだけれど、人の命を何だと思ってるんだこの上の人たちは…と怒りがこみ上げてきます。原爆に関して、米国の免罪符として水増しされた被害予想も、何と言うか遣り...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年11月14日

忘れてならない戦争体験のひとつ。締めくくりの「六十年間、軍事力を行使して人を殺したことのない日本という国を、私たちはもっと誇りに思っていい。」の言葉は心に残った。

このレビューは参考になりましたか?