【感想・ネタバレ】境界性パーソナリティ障害のことがよくわかる本 のレビュー

価格 1,320円 (税込)
3.6
5件
  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2012年04月09日

大変に読みやすく、かつ、コンパクトで要を得た内容。
うんうん、とうなずくことしきりでした。
結論は、本人に誠実に接するとともに、関わる人全員で力を合わせること。チームワークの大切さを確認できました。とかく人は自分だけはいい人になりたがりますが、この病気にはそれは逆効果です。
さらにこの病気につ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年03月26日

境界性パーソナリティ障害とはどういう障害なのか、対処法、疑問、病院について、治療法などについて、わかりやすくまとまっています。イラストも多く、境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害、境界例)についてあまりよくわからず、初めて知りたい方にオススメです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月17日

境界性パーソナリティ障害(ボーダーライン)についてが、よくまとまっている本。

図が多く、イメージをしやすい。文章のみの本の方が内容は濃いが、全体のイメージをつかむのであれば、このように絵本に毛が生えたような本の方が全体像を把握するにはよいような気がする。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年07月05日

借りたもの。
境界とは、神経症と統合失調症の間、不安定な症状を指しているようだ。
「自己イメージが不安定」な傾向があるらしく、例として挙げられている行動は、自分と他人の境界、その区別・線引が未分化な状態であるように見える。
社会・対人関係に関わる障害であるため、個人精神療法に頼らないことを喚起する。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月28日

この病気についての解説だけでなく、まるまる1章を割いて
治療法について詳しく書いていたのがよかった。
個人精神療法だけが全てではないし
むしろ適応外の人もいるということが、今回いちばんの収穫だったかな。
イラストも多く、専門用語を使わないように工夫されているので
初学者でも簡単に読めるし、時間もかか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?