【感想・ネタバレ】ウムヴェルト 五十嵐大介作品集 のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年08月11日

表題作以外はショートショートな短編集。
五十嵐大介の作品は自然への畏敬、畏怖の念が皮膚感覚で染み込んでくる。それでいて、あまり泥臭さはなく、透明感があるんだよね。唯一無二の才能です。
『ディザインズ』の前日譚、『ウムヴェルト』のカエル少女のアクションも爽快。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月26日

ディザインズの元になったウムヴェルトー環世界。
短編集ではあるんだけど、作品集とあるように、ウムヴェルトに収斂するような作品の流れが見られて、超満足。
同日発売の惑わない星が「未開」の人を啓かせるための手順を踏んでく魔法漫画だったけど、ウムヴェルト、ディザインズの流れは世界を包む魔法について物理身体...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月14日

五十嵐大介氏の作品『ウムヴェルト(2017)』を読んでみた。 前々(数ヶ月前)から、気になってた作品で、五十嵐大介氏の作品は・・この作品から読もうと思ってました。 それで、『ウムヴェルト(2017)』は・・・ 繊細な描写と大自然と神秘的?で不思議な話が良い感じ。 お気に入りは・・・”マサヨシとバアち...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月12日

読みたいと思って年を越してしまったが読めてよかった!相変わらずの独特の世界観。今連載中のディザインズにつながる話もありなかなかの作品だった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年04月02日

短編と短々編。

表題作は『ディザインズ』の前身となった読み切り。本連載版の『ディザインズ』の方がずっと読み応えが増しているけれど、これはこれで別物として楽しめた。

『ガルーダ』で描かれる死生観と、その表現法が圧巻。同作収録の『マサヨシとバアちゃん』でも繰り返されるモチーフだけれど、『ガルーダ』の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月08日

ガルーダ/鰐/魚/鬼、来襲/ツチノコ/ダンコンダラスコ/よかったね雨男/マサヨシとバアちゃん/ムーン・チャイルド/ウムヴェルト

自然の奇異から一捻り、という短編の中で、ちょっぴり寂しいちょっぴり嬉しい「よかったね雨男」に和む。
「ウムヴェルト」は「ディザインズ」の原点。

このレビューは参考になりましたか?