【感想・ネタバレ】京都のおねだん のレビュー

値引き価格 660円 (税込) 2月27日まで
通常価格 825円 (税込)
3.3
7件

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年07月22日

人によってはものすごくノスタルジーをくすぐる本。ただ、おねだんを探るというコンセプトが途中から崩れているのと、紹介されているのはあまり一般的に縁のある「京都」ではない気がしないでもない……もっとも、そういう細かいことはあまり気にせず読む方が面白いと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月14日

摩訶不思議な京都のねだんについて,精力的な調査に基づく事実を披露している好著だ.第3章の「絶滅危惧種のおねだん」が面白かった.確かに旦那,公家,仕出しなどの価値は何物にも代えがたい重要なものだと感じた.第4章の舞妓や芸妓のおねだんはなかなか公開されないようだが,ここでは事例紹介がある.面白い.

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月26日

<目次>
プロローグ
第1章   食のおねだん
第2章   季節のおねだん
第3章   絶滅危惧種のおねだん
第4章   舞妓・芸妓のおねだん、すなわち京都のおねだん
エピローグ

<内容>
大阪生まれ、京都の大学を出てそのまま京都に住む、脚本家・プロデューサーの方の本。芸術系の人で京都住まいが長く...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月20日

京都という独特の土地柄を、「おねだん」という視点から、著者の言われるRPGという感覚で体験するように読むことができます。体験するようにすっと一気に楽しく読むことができました。京都に来て感じた違和感は、排他的だったり妙に優しかったりとありますが、その理由の一部を知ることができるのではないでしょうか。具...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月20日

京都人ではない京都大学出身の映画演劇プロデューサーが様々な京都の風習、「おねだん」を明らかに。京都が大好きで何回も訪れている私にとって、非常に面白い読み物であった。なんと言っても、イケズな京都人が書いているわけでないから、面白いのかなぁ。
お地蔵さんの貸し出し、旦那さんや舞妓さんの名前話し、僕の大好...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月09日

京都の値段の謎を、京都の隠れた名所を紹介しながら、コラム形式で紹介しています。
大分著者の趣味的な話に流れているので、その辺が我慢できれば、そこそこ面白い本だと思います。

このレビューは参考になりましたか?