【感想・ネタバレ】たまごを持つように のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年11月09日

ジュブナイルなんだろうなぁ。でもおっさんの俺が読んでもなかなかおもしろかった。好きこそものの上手なれ、努力は実を結ぶ、友情は清く美しい。世の中そうそう単純でもないってのが分かっているだけに、「それでも基本に忠実に生きて行けばいいんだよ」と言ってくれるこういう正統派青春小説を読むと心が洗われる。

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月22日

いいですねー、読後感さわやか~~~。
まはらさん、やっぱ好きです。

こーゆーなにかに夢中になれる時期にしっかり夢中になれた子は
幸せだよなーっとしみじみ思います。
なんとゆーか、ひとつことに真正面からがっつり組み合ってる。
そこで得るものってすっごく大きくて、殆ど人生の基本、くらいなんじゃないかな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月24日

中学の部活動が中心に 、弓道の事が描かれています。

ぐいぐい引き込まれて、弓道の凛とした空気があたりをつつんでしまいそうでした。

うまくなりたいとあせる気持ちやスランプやライバルとのやりとり、そして、恋のドキドキ・・・

とってもおもしろい青春ドラマです。中学時代って、いいなぁ・・・

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月24日

中学生弓道部が舞台の熱血物語。ひたむきな努力の素晴らしさや、登場人物それぞれが抱える葛藤の描かれ方など、大人になって読んだ自分でも共感できる本。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年07月02日

気になった言葉

●「心に的が浮かんだときに、矢は勝手に離れていきます。」(坂口先生)

●「ちがうのはあたりまえなんよ。だけ、それぞれに持てる能力で最善をつくすしかないんよ。早弥も自分なりにがんばれ。がんばって、試合で負けてもだれも責めん。少なくともおれは。」(春)

●「昨日できたことが、今日は...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月08日

弓道の事を書いている本 初めてです。
運動音痴の中学女子と 才能豊かな同級生女子
ハーフの同級生男子
弓道にハマって 鍛錬を積む姿が
美しく また 弓道の難しさをも書かれてるように感じた。
青春小説だなぁ

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月14日

本の袖には、「たまごを持つように、弓を握り、心を通わせていく、中学弓道部の男女三人。こわれやすい心がぶつかりあう。」とあるが、3人ともメンタル強いし心は壊れ易くもなく、大事件があるわけではなくぶつかりあうという程の激しさもない。思春期の中学生の比較的穏やかな部活動と恋の話だ。このありがちなこと、中学...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年12月23日

すっきりしてきもちがいい。
なんでだろう。むずかしいこと一切書いてないのに。
単純っぽいのに。
読んでいたら、
頭が切り替わって、
モヤモヤしてたのとか、忘れられた。
仕事のお昼休み、気分転換、なんか救われる。
本の世界に集中しやすかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年09月30日

弓道青春小説。とても清々しい読後感。
弓道の知識が全くなかったけれども、わかりやすく読みやすかった。
凜とした空気・緊張感漂う試合の描写は、思わず息詰めて読んでいた。
三人それぞれの葛藤・成長がひしひし伝わってきて引き込まれた。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年07月26日

まっすぐで素直、そしてとてもまじめな主人公。自分も中学高校時代、こんなふうに日々を送っていられたらなあと、うらやましくなった。読んだあと、とてもきれいな絵を見たような清々しい気持ちになった。けれどその半面、自分の描いた絵は、線には歪みがあるし色は滲んでいるしで、情けなくなる。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年06月15日

再読でしたが、退屈せずに読めました。
弓道のルールなどはいまいちわからないのですが、話の流れ、登場人物の心の動きなど中学生にあった内容だと思います。
弓道って個人競技かと思ったけど、団体戦もあるなんてこと初めて知りました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月09日

真なるものは善であり、美に通じる。そして弓はたまごを持つように、ふんわりと握らなければならない。その握り方を握卵という。自信が持てず臆病で不器用な初心者、早弥。早気に陥った天才肌の実良。黒人の父をもち武士道を愛する少年、春。三人の中学生たちの弓道にかけるさわやかで、やわらかな青春小説。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年12月02日

弓道してます。すごく、共感できました。読んだ後も爽やかな感じが、しばらく残ります。読んだ後気持ちよくなれるのは、いいですね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年10月05日

一歩一歩しか歩けないのなら、長い間歩いていればいいのだということ。人が歩みをやめてしまっても歩いていればいいし、ひたすら続けていればいい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月12日

非常にわかりやすいお話。
中学生が主人公ということもあり、
思考も行動もかなりストレートです。

現在の勤務校にたまたま弓道部があるので、
こんな感じなのかなぁと想像しながら読みました。
弓道に限らず「道」のつく競技は、
本当に潔い美しさがあると思います。

一度、生の試合を見てみたいと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年08月19日

 自身、剣道をやっていたのだが、弓道はまた違う成果があるのですね。 最終章(第17章)、主人公の早弥はじめ実良、春のそれぞれが感じる、感覚がとても懐かしい。  弓道は、剣道や柔道と違って、対戦相手がある訳ではない。 だからこそ、自分自身の心持ち(心も身体も)と向き合う必要があるのだろう。 中った時の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年02月06日

最初から才能があった実良、ハーフの春、そして不器用だけどコツコツ努力を続けた早弥。3人の弓道部員のお話。

図書委員長の推薦で読んでみた本。
誉田哲也の『武士道~』シリーズと似た感じ。
中学生が主人公だから、それよりも読みやすい感じかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年12月10日

弓道に向き合う主人公たちの姿がとてもさわやかでした。
ただ、私は中学弓道の現状を知らないのですが、始めて2年強で全国大会に行けるようなものなのでしょうか?という疑問が。。。
競技人口は少なめなのでしょうし、もしかしたら可能なのかもしれませんが、ちょっとご都合主義的なところを感じました。
そこを除けば...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月09日

中学の弓道部の話。
奔放で天才の実良、黒人と日本人のハーフで着実に力をつけている春、幼い頃から弓道をやっている有段者の由佳先輩。
3人に憧れを抱きつつも、上達しない自分に苛立つ主人公、早弥。

弓道というテーマはあまり見かけないけど、精神的な成長とも絡めてあってなかなか面白かったです。地道に練習を積...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年01月23日

弓道のお話、読んでて清々しくなる
成長を間近で感じることができて
すごく気持ちいい。弓道もやってみたいなぁなんて
ほんと影響されやすいからなぁ~
でも弓道をやってみたいのは、結構本気で思ってる
でも思ってるだけで、行動には起こせないなぁと思ってるのもほんと

このレビューは参考になりましたか?