【感想・ネタバレ】自分では気づかない、ココロの盲点 完全版 本当の自分を知る練習問題80 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年01月10日

偏見とは自分の無意識の思考パターンであり,それがなければ生き難い。けれど,自分がどのような偏見を持っているかを自覚しなければ,不必要に人を傷つけることになりかねない。
本書を読むと,自分が持つ思考や判断のクセについて,立ち止まって振り返ることができる。

本書では,心理学や脳科学の実験の紹介を通して...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月17日

”あなたは、「世間の平均」に比べれば、それなりに公平に振る舞っている方でしょうか?”
そんなアンケートをとると、ほぼ100%の人が”平均より公平に振る舞っている”と答えるそうです。

・・・人は自分のクセに無自覚であるという事実に無自覚です。他人のクセには容易に気づくことができても、案外と、自分自身...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月02日

ヒトが物事を判断するときそれは何によって判断していると言えるのか。本当に自分がそれを判断したと言い切れるのか。そもそもその自分というものをどの程度本当に理解しているのか?そうした問いに脳科学の観点から答えてくれる一冊。
ココロの盲点はバイアスにある。ではそのバイアスを取り除けば”正しい判断”を下すこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月19日

認知バイアス=脳のクセについて一問二~複数択形式で学べる。
それにしても脳って信用できないんですね~。
自分の脳だけ信用できないのかと悩んでました。
いろんな’思い込み’は人間にありがちだったりするんですね。
もちろん自分にも。

80個の専門用語が出てくるけれど、文章も平易で解説も分かりやすかった...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年08月31日

Q:1000人に1人かかって死亡する感染症がある。それに対抗するワクチンがあって、でもそれは10000人に一人副作用で死亡する。
これをきいた母親はどうする人が多いか?
1・ワクチンをうつ
2・ワクチンをうたない
答え 2 が多い。
ワクチンで死亡する可能性があったとしても、ワクチンがうたないよりは...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月18日

読みやすいわかりやすい面白い。
みんなとは具体的に3人以上

嘘つきにならないでね。人間としての本質を否定されることに抵抗を感じる

みれば欲しくなる。衝動を冷静なときに想像できない。
数字の直感はあまり当てにならない。

鳥はモンティ・ホール問題を解く

ゆっくり歩かせると、老齢に関する言葉を単語...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月07日

認知バイアスとは、人間の思考や判断のクセのことである。このクセは非合理だが、たいてい何らかの利点が潜んでいる。
実際、私たちの勘は有益で。ほとんど場合、反射的に浮かんだ直観を信じても問題がない。ただし、たまたま想定外の条件が揃うと、直観は珍妙な解答を導くことがあり、それが認知バイアスである。認知バイ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年02月27日

あるある!と納得する事例が多く掲載されている。確かに私たちの思考は無意識のうちに騙されている。認知バイアスがあるということだけでも知っていれば、偏った考え方に捉われることは減るだろう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月31日

脳のクセである「認知バイアス」について、さまざまな実験によって実証されたものを80ケースほど収録している。
池谷さんの本は以前から愛読していたものの、ブルーバックスで文庫化される前の本書は、大変失礼ながら、パラパラめくった程度の印象でやや軽薄なものだと勝手に決め付けてしまい、スルーしていた。(これも...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月20日

認知バイアス(脳のクセ)に関して、クイズ形式でわかりやすく説明してます。
面白かったですし、単に面白いだけでなく、それにあてはまる学説名や、根拠となる論文も示されているので、認知バイアスのインデックスにもなっています。

今後何かあったら、それが認知バイアスでないか振り返ってみようかと思います。が、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月03日

池谷裕二先生の著作は面白く、欠かさず読むというここ最近の傾向。積読している期間が長かったけれども、ついに読んだよ、この作品。
心理学を齧った経験もあることから、慣れ親しんだ効果ばかり。心理学と経済学が合わさった行動経済学も脚光を浴びるようになってきて、人間って不思議、人の心のバイアスってもう非合理と...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月28日

はじめは薄くてクイズ集程度?と残念な気持ちになってしまいましたが、巻末の認知バイアスのまとめがよかった。まとめに加えて、あとがきに構想5年、と書いてあり、この本の意味がわかった気がしました。
あくまでもこれは入門書なんですね。
脳科学の本を読んできた蓄積がある方には物足りないかもしれません。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月20日

心理学でいう「認知バイアス」と呼ばれる脳のクセを学べる一問一答集。人間の直感って当てにならないなぁと感心します。

=============
「陸軍士官学校に所属する候補生のうち、10年後により出世していたのはどちらの志望動機を挙げていた人?①将来将校になって国に貢献したい、②軍隊そのものが楽しそ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年04月29日

メンタルの解説書ではなく、ひたすら様々な認知バイアス(判断ミス)について箇条書きで分かりやすく説明してある。
一つひとつの認知バイアスに対して質問が作ってあり、それに回答すると、対応する認知バイアスが簡潔に説明されている。全部で80あまりあって、これ一冊で有名なところから気付いてなかったところまでよ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年10月04日

面白かった。練習問題形式で、認知バイアスについての知識を深められるようになっているのだが、練習問題形式だからこそ、筆者が書くように「この情報はこんな風に使う機会があるのか。ならば覚えておこう」(P80)と脳が判断してくれるので、印象深くかつすんなりと理解でき、記憶として定着してくれている(はず)。私...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月01日

認知バイアス等脳や心理に関わる知識を分かりやすくまとめた本。すらすら読めます。
人間の認知にいい加減な面があるということは,この世をわたっていく上で,知っていて損はありません。

だいたい私が思った答えと解説と一致していたものが多かったので,それほど目新しい知識はなかったのですが,
中途半端に仕事を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月09日

クイズ形式で錯覚しがちな心理的効果を面白おかしく解説してくれる本。
視覚的、肉体的なことから意識的なことまではば広くカバーされており、ぎょっとするような内容まである。基本的に脳は自己を正当化し、不明点には何らかの解釈をつけて、精神を安定する方向へ持っていきたがるらしい。
この本を読むと自分の愚かしさ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年02月12日

著者の池ケ谷先生が末尾に書かれている通りに厳選された内容でなおかつ平易で読みやすい認知バイアスについてわかりやすく書かれた入門的な良書であった。高校生から大学生または社会人においても読むべき一冊であると感じた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月06日

ヒトの脳がどうなっているのか、についての池谷さんの本。
自分では公平で正しい判断をしていると思いがちな我々も
実は、脳的には勘違いや偏見に満ち溢れている、ということがよくわかる。
ときどき読み返しては、あー自分はこれあるかも、と反省に利用したい。
すぐ読める点もオススメです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年09月17日

脳にそなわった「勘違い」する思考回路──「認知バイアス」の不思議な世界をクイズ形式で体感。
「講談社BOOK倶楽部」内容紹介より

脳というのは実にさまざまな勘違いをするものなのだなぁと改めて思った.脳は自分のいいように解釈するものだということが分かっていれば、今後選択何かを選択するときに、本当にそ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?