【感想・ネタバレ】ゴーストケース 心霊科学捜査官のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年06月22日

自分の推理が当たったとき、話はたいした物ではないと感じてしまう。
あー、この流れ…ってわかってしまう。
普段SFとかオカルト系は読まないからそこら辺でだまされそうになったけど。でも登場人物には結構入れ込むことできた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月23日

幽霊を化科学的に肯定した世界のミステリー。「ニルヤ」と比べてより砕けた文体で、よりライトな感じ。幽霊は出るけど、ホラー調ではないです。
霊的なものが書きたかったのか、アイドルが書きたかったのか、どっちでしょう?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月15日

色々なジャンルでマンガのようにキャラクター性の強い作品が増えてきているけど、これもなかなかだった。土佐弁で陰陽師で捜査官の主人公。だけど思考は割と常識的だから、同僚の捜査官たちのアクの強さがまあ目立つ、目立つ……。
カルト宗教マニアで、あらゆる宗教団体からブラックリストに入れられてるキャラなんて、自...続きを読む分は一生かかっても思いつかないだろうなあ。

この小説はいわゆる特殊設定のミステリです。“霊子”や"怨素”などといった人間の精神から発せられる原子など発見によって、霊現象や祟り、呪いが科学捜査にも使われるという設定。
だから主人公である陰陽師の御陵(みささぎ)も捜査官の一員で、警視庁にも心霊事件を専門に扱う「捜査令課」という部署があります。

著者の柴田勝家さんという方がSF畑出身の作家さんだけあってか、こうしたとんでも設定も上手いこと作品に落とし込んでいる印象を受けます。
「今この瞬間なら死んでも悔いはない」という思い。それを宗教に例え、アイドルに熱狂するファンに例え、そしてそこからこの設定ならではの、事件につなげる。
このあたりの理屈っぽさというか、設定を書き込み、本当に心霊科学がありそう、と思わせるのは流石だなあ、と感じます。

そして、この設定のミステリへの落とし込み方も上手い。仕掛け自体は目新しいという感じでもないですが、ホラーやオカルトに走るでもなく、この世界観の中のルールに乗っ取っての捜査と推理、そして解決はしっかりとミステリやってるな、という印象でした。

御陵とバディを組む音名井という刑事のキャラも良かったなあ。
ザ・エリート&堅物という感じの刑事で、御陵とは度々衝突するとっつきにくいキャラなのですが、ある瞬間に一気に親近感が湧きました(笑)お前、そっち側の人間か! と。

御陵の高知弁も良い味を出してます。高知から出てきたばかりで東京の様々な文化に不慣れなところなど、特殊なキャラなのに素朴で垢抜けない感じが、妙に親近感があります。御陵と音名井、凸凹コンビがお互いに一目置き始めるのもバディものの王道という感じで良かったです。

この作品、シリーズ化もされているみたいです。キャラと設定が馴染んでくれば、もっと化けそうな雰囲気のある印象を受けました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月18日

初めましての作家さん。
幽霊が科学的に解明されている世界。
霊子科学(リョウシカガク)が発達して、高校くらいなら知っている事。
心霊科学捜査研究所(略して霊捜研)の心霊科学捜査官っていうのが
新しい。しかも陰陽師!
そんな世界だから警視庁には死後犯罪撲滅キャンペーンとか
幽霊との遺産相続問題とか、...続きを読む防霊スプレーとか漢方とか
幽霊が商業利用されている。
≧(´▽`)≦アハハハハハ・・・
一風変わった捜査の結果、浮き上がって来たのは
あまりにも切ないアイドルの真実
まぁ感動まではいかないまでも、楽しめました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月26日

それを聴いたファンが次々と自殺するというアイドルのCDの呪い。陰陽師にして心霊科学捜査官が謎に立ち向かう。
”霊子”や”怨素”という概念で呪いや陰陽道が科学的に説明できる世界の中で、オカルトに特化せずミステリしているのが面白かった。そして地下アイドルへの愛が感じられる。
キャラ造型はラノベの王道的だ...続きを読むし、シリーズ化に期待。
それにしても著者のペンネームがインパクトありすぎる。

このレビューは参考になりましたか?