【感想・ネタバレ】ゴーストケース 心霊科学捜査官 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年06月22日

自分の推理が当たったとき、話はたいした物ではないと感じてしまう。
あー、この流れ…ってわかってしまう。
普段SFとかオカルト系は読まないからそこら辺でだまされそうになったけど。でも登場人物には結構入れ込むことできた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月23日

幽霊を化科学的に肯定した世界のミステリー。「ニルヤ」と比べてより砕けた文体で、よりライトな感じ。幽霊は出るけど、ホラー調ではないです。
霊的なものが書きたかったのか、アイドルが書きたかったのか、どっちでしょう?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月18日

初めましての作家さん。
幽霊が科学的に解明されている世界。
霊子科学(リョウシカガク)が発達して、高校くらいなら知っている事。
心霊科学捜査研究所(略して霊捜研)の心霊科学捜査官っていうのが
新しい。しかも陰陽師!
そんな世界だから警視庁には死後犯罪撲滅キャンペーンとか
幽霊との遺産相続問題とか、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月26日

それを聴いたファンが次々と自殺するというアイドルのCDの呪い。陰陽師にして心霊科学捜査官が謎に立ち向かう。
”霊子”や”怨素”という概念で呪いや陰陽道が科学的に説明できる世界の中で、オカルトに特化せずミステリしているのが面白かった。そして地下アイドルへの愛が感じられる。
キャラ造型はラノベの王道的だ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?