【感想・ネタバレ】江戸の小判ゲーム のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年08月31日

歴史学者がゲーム理論に出会った結果、享保、寛政、天保の三大改革がおよそ50年に一度行われた借金棒引き令を、こんなにも面白く見ることができる本が生まれた。貨幣を改鋳する幕府。幕府が利益を得んがための施策と誤解されていたが、小判の退蔵をさせないため崇高な思いがあったことに感動すら覚える。金銀について「こ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月30日

2013/3/30
面白かった。
悪名高い江戸の棄捐令や、金貨の改鋳などに、経済合理性とゲーム理論で別の面からの光を当てる。
芝居めいてちょっと臭いところはあるが、読み易く、心地良い。

2018/11/6
再読。
これ、この視点で映画にしてもおもしろいんじゃないのかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月05日

ちょいとくだけすぎでしょう、と感じるところが多いし、ゲーム理論もそれほど応用されているとは思わない。が、面白い本である。まあ、これくらいのページ数ではこんなとこでしょう、納得しました。
内容的には、大変真面目な研究で、近世日本経済史、政治史、に関心のある方、政治・行政に関心ある方、また、江戸幕藩体制...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月21日

江戸幕府の経済政策について、噛み砕いて書かれている本。寛政の改革については秀逸。
歴史ものについてはめずらしく、数字データや統計グラフが多い

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月10日

明治維新の評価は過大すぎる。士農工商の身分制度を廃し、無能な幕閣が弱腰外交とその場限りの政治を繰り返していた状況を天皇を中心に近代的に改革した、という認識ははたして正しいのか。この本で分析される「棄捐令(借金棒引き)」「会所(公的ファンド)設立」「貨幣改鋳」という政策は、教科書的には民心を離反させた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月02日

「市場にいかに貨幣を流通させるか、幕府(公儀)・武家・商人達の興奮のドラマ」という惹句にある通り、旧来の支配ー被支配の階級史観的な見方ではなく、集団間の均衡というゲーム論的な視点から江戸時代の経済政策を捉え直そうとした野心的かつ魅力的な内容。

江戸時代は投資がない(ないとは言い過ぎで少ない)社会。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月19日

江戸時代の金融政策を面白く解説した本。

江戸時代の歴史研究はかなり進展していて、僕が子供の頃のイメージとは180度違った実像が語られている。この本も、そういう流れに沿った一冊で、江戸時代の金融政策という、「そんなのあったの?」みたいなところから、現代に通じる諸問題に、幕府の人々がどう対処したかが楽...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月06日

≪目次≫
第1章  お江戸の富の再分配
第2章  改革者たち
第3章  お江戸の小判ゲーム
終章   日本を救った米相場

≪内容≫
松平定信の寛政の改革をベースに、江戸後期の日本経済をちょっと噛み砕いて紹介した本(あまりうまくいっているとは思わないが…)。
お話のポイントは二つ。江戸時代の後半は、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?