【感想・ネタバレ】木菟燈籠 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年07月05日

一人称の出てこない徹底した主観ながら、目線の優しさから偏った思考や不快感を催さないという、不思議な文章。落ち着いた読書を楽しみたい時には、どうも小沼丹か野呂邦暢を選んでしまいます。
『木菟燈籠』それそのものが墓標のように、誰かから風の噂の様に流れてきて知る知人の死について描かれる作品が殆どですが、其...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?