【感想・ネタバレ】水の都 黄金の国 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年10月04日

明治のはじめ、遠いヴェネチアで日本語を教える日本人。
セイが不思議な物事を解き明かす。

日常系ミステリー。
町並みがとてもきれいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月11日

読み飛ばしてしまったのか、2話まで時代がよくわかんなかった。現代かな? 近代かな?って。現代でもそういう表現することあるから。
2話で近代かとわかったのはいいのだけれど、清人を「清の人」としばしば読んでしまい、そうよね極東だもんね、ヴェネツィアの人にはごっちゃになるかもね、なんて解釈してとんだ斜め上...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年08月02日

明治時代のヴェネツィアを舞台に日本語講師の誠次郎と下宿先の料理店で働くイタリアの青年ルカが謎を解いていく話。
日本人に馴染みの深いマルコ・ポーロやガリレオが題材なので、歴史に弱い私でも読みやすい。
共通の友人を失った二人が悲しみを乗り越えようと葛藤する様子が切ない。
変わることを恐れるルカに少しずつ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月08日

明治時代に日本語講師としてヴェネツィアに赴任した誠次郎が、さまざまな事件を体験する短編集。
ヴェネツィアの風景や人々の人情が美しくしんみりする話。ゴンドラに乗った仮面姿の怪人が金貨をばら撒くなんて想像するだけで楽しい。最初は頼りなさげだった誠次郎が成長していくのもよかった。前任者の清人について描写が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年06月08日

ヴェネツィアを舞台に、日本語講師として滞在中の誠次郎を探偵役として、様々な事件の謎解きを描く。
富豪の人探し、ヴェネツィア版ねずみ小僧の登場、カサノヴァの異名を持つ謎の人物と人間消失、ガリレオの望遠鏡に纏わる伝説と人間消失その2。
ミステリーとしては軽い。
帝都シリーズを思わせる、友情ともそれ以上と...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年05月06日

作中でルカが指摘されているし本人も自覚している、分かったうえで書かれているんだけど、誠次郎と清人を比べるのはあまり良い気分ではないかな。最後まで読めばちゃんとルカの気持ちも分かるんだけど、若干のもやもやは否めない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月10日

明治時代とか、軽い謎解きとか、好きだけど
清人をリスペクトしまくるルカとか必要かな?

物語に絡んで来るのかと思えばそうでもないし
中途半端なBL要素っぽさが、却って邪魔
物語としては、ない方がすっきりすると思う

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月21日

ヴェネツィアと日本。

明治時代に日本から日本語講師としてヴェネツィアにやってきた誠次郎は、下宿先の料理人ルカと共に事件の謎を解いていく。

三木さんの描く、このつかず離れずみたいな男子2人の関係と気持ちのいい読後感の話が大好きです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年09月15日

【収録作品】黄金の国/水の都の怪人/錬金術師の夢/新地動説/エピローグ  
*異国の地で亡くなった幼なじみ・清人の後任としてイタリアに渡り、日本語教師となった誠次郎。下宿先の料理店で働くルカは清人に心酔しており、なにかと比較する。そんななかで誠次郎は、見初めた花売り娘を探す富豪、金貨をばらまく怪盗、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?