【感想・ネタバレ】万能鑑定士Qの最終巻 ムンクの〈叫び〉 のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年10月24日

シリーズ最終巻。探偵になった小笠原と一度は別れ、友達に戻った莉子。だが、ムンクの叫び盗難事件を追ううちに、小笠原の目指す探偵の形を知り…
読み終わるのが惜しくてなかなか手を付けられなかったけど、ハッピーエンドに胸が温かくなった。小笠原さんの根っこが変わってなくてよかった。コピアの名前のトリックには言...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月27日

ムンクの盗難の真相は何となくは分かっていたが、細かいところまでは分からず、驚いた部分も多かった。莉子と悠斗、2人に合った結末だと思った。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

万能鑑定士最終巻

粒あん 2018年10月21日

このシリーズでは登場人物全般が良い人でお互いを理解するようたゆまず努力することが実を結ぶ世界観となっています。シリーズの最終話として、主要登場人物が次々登場して事件は二転三転して解決される。上下巻で、もう少し細かく引っ張ってくれても良かった位の濃ゆさ。ああ、終わっちゃった。また別の物語を期待していま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月12日

遠回りをした二人が一回り大きくなってゴールイン。
シリーズ終了は寂しいけど、チープグッズの店長初め今まで登場したメンバ達が、シリーズを超えて登場して、楽しく読めた。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年09月14日

莉子と悠斗が結ばれて本当に良かった。
探偵の探偵時にはどうなるかと思ったけど。
これが最終章なのは残念だけど。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月23日

危うく晩節を汚しかけたQシリーズ、華麗に大団円。 
当初は最終的に蚊帳の外に追いやられていた小笠原も、とうとうカッコよくラストに割り込むまでに成長した。 
最終巻も面白かった。こういう物語は貴重なんだよなぁ。 
めどがついたって言ってるのに、バトンタッチとはなんだかなぁって思ったけど、家庭を持ってし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月21日

探偵の鑑定二巻の終わり方があまりにも残念だったので、この本も読むのが怖かった…でも表紙があれでアンハッピーはないよね。期待通りの大団円で終わりました
水鏡推理にバトンタッチで終わったけど…
お母さんになった莉子もよかったです

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月19日

今回が最終回ということもあって、今までのキャラクターも
登場したり、他のシリーズのキャラクターも登場したり、
話が発散しそうになったけど、最後の最後で
落ち着くところで話が落ち着いたので良かったと思う。
終わりよければ、すべてよし。

とはいえ、終章の内容はビックリだった。
最後の最後まで楽しめた内...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月31日

20冊内外まで膨らんだのではないかと思われるシリーズの本当の最終巻、らしい。
というのもこのシリーズ、今までも何度か終わっているような気がするから。
あくまでラノベ的に気楽に読めるミステリーとしては、やはり驚くほどにレベルが高い。ムンクの叫び油彩を巡るミステリー、おもしろく読み終わりました

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月23日

ついに最終回
探偵の鑑定からの流れで、少々やさぐれ状態から始まりましたが、コピアとか過去メンバー勢揃いしつつフィナーレらしく、鑑定士エッセンス満載で面白かったです。
最後はどうなるかと思った二人もしっかりオチがついて
良い最終回でした。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年01月10日

〇 評価
 サプライズ ★★☆☆☆
 熱中度   ★★★★☆
 インパクト ★★★☆☆
 キャラクター★★★☆☆
 読後感   ★★★★★
 希少価値  ★☆☆☆☆
 総合評価  ★★★★☆

 万能鑑定士Qシリーズの最後の作品。「クジラ」と称する男にムンクの叫びが盗まれる。ムンクの叫びは4つに破か...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月23日

ある程度読んでいたので、最終巻は読んでおこうかと。
でも、途中抜けてるのは残念だ。はまりが少ない。
しかし、波照間かぁ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年11月15日

間に【探偵の探偵】や【水鏡推理】など挟まっていて
どれも同時進行みたいな感じで嫌だなってちょっと思ってた前にも書いたけどねもやもや
Qシリーズ前作の【万能鑑定士Qの推理劇Ⅳ】はこれが最終巻なのかもって内容的だったんだけど、今回が最終巻だったみたい。
モヤモヤ~で終わらなくて良かった。
小笠原との事も...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年10月20日

シリーズ完結編。ハッピーエンドな幕切れで良かったなと思うのがシリーズをすべて読み終えた感想。周囲の人や宿敵にまで恋仲を心配されるシリーズの主人公カップルってどれだけお似合いなんだよと思う。ロジカル・ラテラルシンキングに続いてクリティカルシンキング(批判的思考)という言葉が登場するが、これは水鏡瑞希が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月18日

万能鑑定士Qシリーズの21作目、完結編です。

思い起こせば…、
前作の最後で予告されてから、ちょうど2年…。
直近『探偵の鑑定』で、唐突に完結と謳われて、
多少ね、呆気にとらわれた感もありましたが…、
角川から講談社に移籍しての完結編(本作)は、
ものすごい英断?だったんではなぃでそぅか…?

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月30日

本当の、最終巻。
思った以上のハッピーエンドで良かった。皆必要以上に莉子と小笠原くんの背中を押したがる(笑)

ムンクの叫びの謎解きと、植村さんを追い詰めるあたりは莉子の成長とシリーズの集大成って感じ。

また違うシリーズにちょこちょこ出てほしいな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月29日

謎解きとしては意外性が少ないもの、全ての登場人物をハッピーエンドに持っていきました。
最終巻というのは、だいたいこんな感じといったところ。
今後は、水鏡さんに注力するようです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月24日

2016/8/19e-honで購入。
「探偵の探偵」など作者の別の作品からの登場人物が総動員します。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年02月10日

刊行途中で、添乗員になったり探偵出てきたりでどうなる事やらの本編がついに完結

最終巻だと思っていた前作のモヤモヤもキレイに精算。後日談まで添えられてまぁなんというハッピーエンドな事か
松岡作品らしい愛ある終わり方だった

ちゃんと時事ネタも抑えていて流石です。
最後は瑞希にバトンタッチ

ごちそう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月23日

『探偵の鑑定』で終わりじゃなかった!
と喜んだのも束の間。
これで、本当に、終わりだ。

初登場の<モナリザ>と対をなすように、今回選ばれた鑑定品は、ムンクの<叫び>。
本作では今までの登場人物達が一堂に会する。
それはとても懐かしくて、嬉しいこと。

本作では、<叫び>が破られ、それを修復するため...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?