【感想・ネタバレ】オヤジの細道 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2009年10月04日

夕刊フジに連載されていたものを単行本化したもの。
2〜3ページの短編集になってて、中には思わずプッと噴出しそうになるものも。
電車の中でおっちゃんたちは、こんな楽しいものを読んでるんだね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月05日

シゲマツさん、したたかだなぁ。オヤジの生体をここまで武器に新聞の連載をするって。それも、オヤジオヤジと連呼するごとに、オヤジな生活を楽しんでいるようにも見せ、でもやっぱりまだオヤジ領域の入り口に来たばっかだぞ!と頑張っているようにも見える。ネタ探しの「なーに書こうかなぁ」の段階まで書いちゃう。口に出...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月25日

重松さんの別の一面が見れます。
こういう普通のオジサンだから、多くの人に共感を得る小説が書けるのだろうと納得しました。
元々連載エッセイだったということで、一気に読まずチビチビ読んでみるのもおもしろいかもしれません。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

買っちまった・・どうにもタイトルに惹かれて(笑)
帯のコピーも「オレ、いつのまにか中年(おやじ)になってた・・」だって。

重松清は同学年ゆえ、彼の小説は好んで読んでいる。
中年サラリーマンの悲哀、家族の愛情、童心に戻る感傷・・色々と面白い。
小説の端々にも、同世代だからこそわかるキーワードなどもち...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月23日

自虐的オヤジパワー炸裂。男のアイデンティティ立小便。ケツ入れの悲哀。エロ本の買い方。オヤジの「エア」。体温フェチ。
郷愁のホッケ。激しく同感させられる己に何ともそこはかとないペーソスを感じる。
オヤジであることを改めて深く自覚させられた。同時に大きな生きる活力ももらえた。開き直りのオヤジパワー全開で...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

夕刊フジ に掲載されていた重松氏のコラム。
俗っぽい。親父臭い。
でもそれが良い。くすっと笑える話が多い。

鳩の被害からハト型社員の話のくだり、ギクッとしました。
後始末が自分でできる人になろう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

「夕刊フジ」に連載されていたエッセイを1冊にまとめた本。
オヤジ世代の筆者が,同じくオヤジ世代の読者に向けて,
「ゆっくりがんばれ」のメッセージを込めたエッセイを書いている。
親しみを込めた口語体で書かれた文章に笑わされ,励まされる。
個人的には「ヤザワ記念日」,「ニッポンの優しさ」が良かっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

 おやじの悲喜こもごもの出来事をほのぼのと書かれたエッセイである。
 山科けいすけさんのイラストもいいな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

まさに同世代、関心も悩みもほぼ同じ。ラストの老眼鏡の下り(ずれ気味の眼鏡の上から上目遣いで見る目つきには訳がある!)には、先日ワタシもほぼ同じコトを発見したところだったので、ブルータスおまえもか;;と肩ポンな気持ちだった。しかしそれにしても、オヤジオヤジと卑下し過ぎじゃないの?40代前半はまだ全然守...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?