【感想・ネタバレ】ドキュメント パナソニック人事抗争史 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年12月06日

松下幸之助「トップの仕事は簡略化されたメッセージでビジョンを示すことや。それさえ示せれば、みんなが考えて実現してくれる。」

幸之助は相談役に退いた後も、役員候補者リストを前に、必ず、「この人物には運と愛嬌が備わっているか」と質問していたという。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年05月16日

P社の内情を多少知っている側なので、まるでサスペンスを読むかのごとく非常に楽しく読ませてもらった。「出る杭は打たれる」とはよく言ったものでまさにそれだ。それが世界に名だたる企業で普遍的に行われていたのだ。よくまあ倒産しなかったものだな・・・とつくづく思う。いや、P社が危ないと言う噂は実際耳に届いてい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月14日

企業の盛衰は、ひとり社長の資質のみに左右されるわけではない。だが、松下電器のような創業者カリスマの会社では、カルチャーそのものが創業者の枠に閉じ込められる傾向にあり、特色のある人材は却って刎ねられていくのではないだろうか。そして内部の競争は、上位職位のものに対する対人的コミュニケーション能力だけで決...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年03月24日

松下幸之助が相談役へと退いて以降のトップ人事と、その人事によって行われてきた経営の流れと空気感を伝えるドキュメント。

巨大企業かつ40年ほどの歴史を紐解く作業は大変だったと思うが、地道な取材によってその片鱗が垣間見れる作品。

人物像に対する解釈等をそのまま信じることは当然できないが、そのような意...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月25日

ジャック・ウェルチにしてもスティーブ・ジョブズにしてもイーロン・マスクにしても、そして我が国代表、松下幸之助にしても、経営者はカリスマとして語られ賞賛され誹謗され神なき時代の伝説になっていきますが、彼らが神話化されればされるだけ、その後を継ぐ者の矮小さは避けられないのが必然だと思います。この本は偉大...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?