【感想・ネタバレ】小説 仮面ライダー鎧武のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
購入済み

ファンなら必見

ななし。 2017年07月12日

ヒーローショーなどの細かいネタまで拾っており、「よくやってくれた!」と言いたくなる一作です。
書いてる人がニトロプラスの光側代表格のような人なので(鬱展開などねえ!的な意味で)ご安心してお読みください

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月15日

正直鎧武は説明不足なところが多々あり、また、本放送時に映画やキカイダーの宣伝が話の流れと無関係に流れてしまっていたため、あまり好きな作品ではありません。

一応、本編、Vシネマ、劇場版を抑えた内容になっています。
特にVシネマは未視聴だと話についていけないと思います。

Vシネマで登場した黒の菩提樹...続きを読むと狗道供界との決着が主題ですね。
そのため、黒の菩提樹、及び狗道供界については、一応の説明はついていましたが、例えば武神鎧武とは何者で誰が変身していたかとか、仮面ライダーフィフティーンやコウガネ、ラピスがなぜ戦国ドライバーを持っていたのか、オーバーロードのラピスが人間の姿をしていたのはなぜか、ペコにマツボックリエナジーロックシードを渡したのは誰かなどなどに対するアンサーはありませんでした。

鎧武はいかにもおもちゃを売り上げるために仮面ライダーを量産しただけという感じがするんですよね。
虚淵玄が脚本ということで、ヴェドゴニアをそのまま実写化するくらいのものが見れるかと思ったのですが。

本作でも唐突に死者が蘇るは、敵が強化するはでそこは正直ついていける内容ではなかったです。
虚淵の信者であればありがたがる内容かとも思いますが、先に読んでいたウィザード、フォーゼの小説と比較すると、話にまとまりが無く、展開が唐突な気がしました。

面白いわけではなく、原作をなかったことにする内容というわけではないのですが、もう少し長くても良いので、きれいに完結させて欲しかったかなと思います。

このレビューは参考になりましたか?