【感想・ネタバレ】フランシス子へ のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年05月30日

とても静かで淡々としているけど、あっという間に読み終わってしまった。
フランシス子という吉本家の猫と吉本隆明さんとの何気ない日々と吉本さんの感じるままに記されている本でした。
本文の後に長女ハルノ宵子さんの「鍵のない玄関」という文章が添えられている。そこには「ああ…こんなきれいな家だったのか」と述べ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月12日

 昔、吉本隆明という詩人がおりまして、ネコのわたしと、女房と娘と一緒に暮らしておりました。やたら、こだわる人でした。なにせ、ほととぎすは、とか、親鸞は、とか。いい年をして気になったら止められない、しようがない性分で、ネコのわたしは、あほらしいので取り合わないようにしておりましたが、それはそれで気にか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月03日

猫下僕による、ご主人様の回顧録かと思いきや。えらい方向に脱線した。興味深くはあったけど。
ここで語られるような関係を、猫と結んでみたい。私はどうも猫に嫌われる。

このレビューは参考になりましたか?