【感想・ネタバレ】トヨタの強さの秘密 日本人の知らない日本最大のグローバル企業 のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年03月18日

トヨタ生産方式+トヨタ流製品開発のセットで概要がつかめる本。

リーンやアジャイルがトヨタの逆輸入という話は初耳。いまさらながらトヨタと学ばねば!と思った。
著者の主張にキレがあって、そこまで言い切るかという内容もあり、印象強い。

トヨタの開発は、機能別組織であり主査制度(プロマネ)が横串を刺して...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年06月23日

日本ではトヨタについて、生産工程だけが着目されているというのは、言われてみればその通り。企画設計工程は、外国では注目されているという。
トヨタの思想はよくわかったし、大衆向け製品の開発の王道だと思う。市場をみつけるところから始めるのは、さらに大変だと思わされた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月06日

トヨタのTPD+TPSを逆輸入のリーン開発、カンバンなどから学ぶのではなく直接エッセンスを知ることができる本だった。国内だしオリジナルなのでもっと深く仕組みを学んでみたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月07日

トヨタの強さの本質を見事に突いているなと感心しました。
著書でご指摘の通り、世間で有名になっている「トヨタ生産方式(TPS)」ではなく、製品開発(TDS)を中心とした、売れて利益の出せる製品開発の仕組みだと思います。
マネジメントの仕組みとしては、製品開発の司令塔である主査制度で、マトリクス的な組織...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年11月06日

トヨタというとトヨタ生産方式が有名だが、この本はトヨタの製品開発に焦点を当てた本
正直文章はわかりずらい
以下キーワード
・1製品に1主査を置く主査制度
・設計者は①商品の価値②利益③実現手段に責任を持つ
・TQM 「どうすると失敗するか」という情報を残す
・ものつくりは人つくり
・3つの情報資産①...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月03日

現在トヨタがグローバルに成果を上げることができている要因。その源泉はTPS(トヨタ生産方式)にはなくトヨタ流の製品開発TPDにある。
グローバルで勝負する企業においてはもはやTPSは取り入れて当たり前、スタートラインなのだという。
利益を上げるための主戦場は人間の頭脳を使う製品開発の現場にあり、いか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月24日

トヨタが利益を上げているのは、トヨタ生産方式ではなく、その製品開発・設計のやり方によるものなのだ、ということはよく理解できた。それが主査制度を中心とする人材の選抜と評価の仕組み、タレントを大事にする文化によるものだというのもわかった。が、それだけでは、そのやり方が常にうまくいく理由、うまくその制度を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月20日

トヨタ生産方式ではなく、トヨタ製品開発方式に関するキーフレーズを紹介している。さっと読むのには良いが、掘り下げが浅いことと他社への批判が強く残念な形となっている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月23日

★いくらトヨタ生産方式が優れていても、売れる車を設計できなければ意味がない。現代において価値があるのは、設計情報・プロセスノウハウ・人間の頭脳である。それはその通りだと思う。ではどうしたらよいのか。どのように才能ある人を見出し育てるのか。それが知りたかった。

このレビューは参考になりましたか?