【感想・ネタバレ】電通マン36人に教わった36通りの「鬼」気くばり のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年10月08日

「「あの人は優秀だから、きっと他の人が気づかない自分のよさに気づいてくれるだろう」などと期待するのは、仕事のできない部下の甘い幻想である。
優秀な上司は、目の前に山積した大仕事に意識を集中させている。小事を見る余裕などない。そんな人間には、彼自身の助けとなる、即効性のあるサービスしか伝わらない」(p...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月22日

サラリーマンの日本的礼儀に基づいた「躾」を
とても具体的に 書いてあって、なるほどと思った。
これを、中国人に徹底すれば、
かなりいいビジネスマンになれる。
でも、なんか コメツキバッタ のような、
体育会系のノリがあって、スマートじゃないなぁ。
安っぽい服をきて、自分が高給取りを見せびらかすのが良...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月12日

営業マンではないですがかなり実践している内容が多かったです。
戦略的気配りは今の仕事に必須のスキルです。
小さい仕事から片付けるというくだりや3日後に100%より翌日60%というところは僕が後輩や部下に言い続けてたことに通じます。
クリエイティブでなくても仕事は出来るんやと自信につながる本やと思いま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年03月25日

10:接待の席には、相手の家族向けのおみやげを用意する。
値段は3,000〜4,000円。
なるべく軽いもの
流行りの菓子店の菓子(人気スイーツの研究)
包装等の外見は同じ

18:人事情報はどこよりも早く掴む
得意先のキーマンが昇進したとき、誰よりも早く祝辞と祝いの品を贈る。
→会社の事情に詳しい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月25日

ケースで電通を取り上げていた時に、本屋でこれを見つけて思わずジャケ買い。ケースのテーマとは全然違ったけど。
鬼十則健在の時、鬼営業のノウハウを36のエピソードとともに紹介。どの業界でも通じる、営業マンの心構えかな。
確かに、おべっかと気配りは紙一重だな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月18日

「忙しい有能な人間ほど、露骨なおべっかに弱い」

 この本を読んでいると、「そこまでやるかぁ?」といったことも書かれているけれど、実際にそれをやっている人がいれば、そりゃ印象に残るわと思う。裏を返せば、普通のことをしていればダメだってこと。お礼をメールだけで済まさない人がいれば、メールだけで済まして...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月15日

とても面白かった。おーなるほど!と思える部分と、ここまでやるのか!?と思う部分…
まさに鬼気配り!営業さんは読むべきかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月17日

行きつけの書店で購入。
新聞で広告を見て以来、気になっていました。
1時間ぴったりで読み終えた良書。
気持ちより形。
その通りだと思った。
私の間違いも一点、見つかりました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年03月30日

気配りが出来ない男が、藁にもすがる思いで購入。常に八方に気を配り、これに尽きると感じた。小さな貸しを積み重ねて情に訴えるセールスに繋げるための手段としての気づかいであると、腑に落ちる。各テクニックについては既知のものも多いが、いくつかは初見で、また納得感もあった。三分の一くらいを占める前文と、目次で...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月23日

いかに相手のことを考えて、良いと思うことを徹底的に実践し、謙虚な姿勢で向き合うということの大切さを書いていたように思う。何をそこまでもと考えがちなことほど、徹底的につき詰めることで相手の心に届く行動につながるのでは。営業ではない分野でも通じるところあるような気がする。テクニックというよりは気持ちや考...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年07月31日

なるほどと参考にさせてもらうことあり。
そこまで出来ない会社環境あり、なかなか実践には難しいかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月03日

電通と博報堂の対比で営業の心得をテーマ毎に綴った一冊。ディズニーランド招致に向け三井不がなぜ地所に買ったのかの分析は面白い。電通と括っているが、あらゆる業界の国内営業経験者であれば、自身の体験として体験している事を言語化した一冊。
メモ。ひとを動かすのは正面の理、側面の情、背面の恐怖(中坊公平)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月26日

気配りは大事。すべて真似することはないけど、できるもの、やってみようと思ったものは、やってみてもいいと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月02日

ボールペンは二本もつ
お詫び、お礼はメールで済まさない
名刺は下から
得意先の吸っているタバコを持つ
メールには体温を残す
小さな仕事ほど早く片付ける
3日後に100%ではなく、翌日に60%の答え
接待では相手の家族向けのお土産
宴会やゴルフに写真係
メールを送ったら電話で確認
常に爪の手入れ
名刺...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月13日

-そうした普通のマナ ーしか知らない連中を出し抜き 、競争に勝ち抜くための具体的な方策だけが並べられている 。(本文引用)-

何故、電通が博報堂に勝るのか。
元々はどちらかといえば博報堂的な考え方だった(提案の中身が優れていればそれが正、おべっかなんて必要ない)著者が、やっぱりそれでも売上いちばん...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月05日

自分は広告代理店勤務じゃないのですが、一部には当たり前にやってる風習もあり、一部にはここまでやるか!?と思うような気配りもありました。接待とかはご縁が無いしなぁ。。
具体的に仕事のアウトプットが向上するようなことはあんまり載って無い(小さな仕事ほど早く片付ける、ってのは有効だと思いますが)ですが、や...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?