【感想・ネタバレ】MW 手塚治虫文庫全集(1) のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年12月16日

過去、小さな島で起こった悲劇を目撃し、体験をした結城美知夫と賀来神父。大人になってもそのときの悪夢を見続けるふたり。賀来は信仰に救いを求め、結城は復讐を誓い、当時の関係者を探し出しては残忍な殺人などをおこなっていく。賀来はそんな結城と神に背くような関係を続け葛藤するが、結城の前からは逃れられなかった...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月13日

問題作と言われてる本作。たしかに読んでてひどいことが多い。
しかし、狂気的な主人公…嫌いじゃないです。
私は好きだけど、友達にはあまりおすすめできない(笑

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年12月20日

化学兵器の漏えい事故により、ある島での唯一の生存者になった二人の青年の物語。賀来は聖職者となり、結城は表では銀行員だが裏では殺人を繰り返す悪魔になっていた。なんとか結城の凶行を止めようとする賀来だが、15年前に自分たちを苦しめた化学兵器「MW」の存在を突き止めようとする結城を、本気で止めることはでき...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年12月07日

表題作のみ。

ハラハラしながら読んだ。まるで映画を見ているようだった。手塚先生が納得いく形で終わっていたらどんな結末だったのか、とても気になる。

このレビューは参考になりましたか?