【感想・ネタバレ】ラーメンと愛国 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年05月21日

作務衣は伝統の着物ではないし、現代ラーメンは中国起源ではない。
ご当地ラーメンは地方の伝統とは関係ない。
現代のナショナリズムは、そういった伝統とは関係なく生まれ、そのことを恥じるものではない。
ひねくれた視点からの鋭い分析。佳作

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月29日

・ラーメンが日本に広まった初期の要因としては、
①アメリカの余剰農産物処理法に基づく小麦戦略により、大量の小麦が輸入されたという物質的要因があった。
②安藤百福という一人の経営者が大量生産のメソッドを導入したことで、工業製品としてインスタントラーメンを広めた。
…という文化的要因だけではない側...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月13日

ラーメンと愛国という言葉の取り合わせが面白くて手に取りました。
ラーメンという大衆的で、もうあまりにも当たり前に身近にある食べ物を軸に、戦前から現代に至るまでの社会情勢などが描き出されています。
チキンラーメンとアメリカのフォードが絡めて解説されていたり、ドラマ渡る世間は鬼ばかりで描かれた「幸楽」の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年05月04日

シナソバとか中華そばとか、バラバラに呼び習わしていたものが「ラーメン」という存在になったのは、チキンラーメン以降だったとか。「ご当地ラーメン」が郷土料理といえないのは、はやりの店が一軒できたのちにそれをみんなでマネしちゃうことからできちゃうものだからだとか。やたら人生訓好きだったりラーメン道とかいっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月29日

タオル巻き&作務衣姿のラーメン店主、みつを風書体のお品書き、ご当地ラーメン、ジロリアン……
このあたりのラーメン現象を、メディアが意図的に作り上げたと批判するのではなく、そこも全部知った上で『日本文化』として消費されていくことを浮き彫りにしていく展開にわくわく。一気読みです。

ラーメン独特の文化の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月19日

ラーメンで国家論を語るという、突拍子もないお題だが、そこそこしっくりくる内容。半世紀後、「ラーメン」はなんという呼称に変化してるだろうか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月18日

戦後文化なんてどれもこれも紛い物ってのを、ラーメンを点にしてあらゆる方向に線を引いている。サクサク読める。良書。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月11日

ラーメンって興味なかったので、速水本の中でも食指が動かなかったんだけど、読んでみて凄く面白かった。
詳しくはあとで書こう

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月21日

日本人の国民食とも言えるラーメンというものを通して、日本人と現代史を論じている書籍です。面白かったですね。著者の本は毎回読み応えがあります。基本は戦後から現在までに至る現代史の流れを、ラーメンの歴史とともに紐解いていく流れです。ラーメンこそ戦後アメリカ化する日本の象徴であるといったものから、昨今のラ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年10月13日

戦後から現在までの日本文化史を大衆食の代表的食品であるラーメンから読み解こうというのが本書。
終戦直後の闇市から始まりチキンラーメンの発明、札幌ラーメン等「ご当地ラーメン」の登場から「作務衣化」した「ご当人ラーメン」の登場までの流れを当時の社会情勢を参照しながら読み解くのが実に痛快。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年10月03日

現在の「ラーメン」の置かれた状況を説明するには、過去に起こった様々な出来事や社会情勢を踏まえる必要がありますが、それらは大きく分けるとグローバリゼーションとナショナリズムという2つの観点が存在する、という筆者の発見を裏付けるための話が展開されていきます。
様々な歴史を紐解いてそれを繋げ直しながら、筆...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月26日

戦後日本社会の変化をラーメン文化をものさしにして語る。ラーメンという本来「日本的」なものではない食品がローカライズ、ナショナライズされていくプロセスを戦後日本の国土開発やマスメディアとの関わりのなかで論じられている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年05月18日

自分には「幸楽苑」的昔ながらの中華そば系?が一番口に合うのかな?レベルの、
ラーメンに対してはさして拘りのない自分にも面白く読めた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年05月14日

中国をルーツに持つ料理でありながら、最早われわれ日本人と切っても切り離せない関係にある、ラーメン。そんなラーメンを起点に、日本の戦後史やメディア論と絡めて論じた本。日本のラーメン文化の基礎が、戦後のアメリカによる小麦援助のおかげであるというのは興味深かった。最後まで楽しく読める一冊だったと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年05月11日

ラーメンでこんな本が書けるのかと感心。いやいやラーメンだからかもしれないが。
ラーメンがいかに国民食になったか。そのルーツから、ご当地ラーメン、現在の「職人風」のラーメン屋さんまで。ラーメンは日本とともに変化を遂げてきたのがよくわかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月27日

それぞれの時代にあわせて、カタチや名前すら変えてしぶとく生き残っていくラーメン。自分もこうありたいね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月28日

・ラーメンを軸にして見た戦後史と今の日本の一側面。日清食品の安藤百福に始まり、佐野実、天下一品、一風堂の河原成美、果ては二郎から六厘舎、夢を語れまで出てくるが、味がどうこうという本ではない。田中角栄の日本列島改造論から内田樹に須藤元気まで。その目配りの仕方が、自分にはちょうどいい感じだった。

・ラ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月23日

良く調べてるなあと感心するし、論の進め方も丁寧で、研究者の書いた本という感じがする(実際は違うようだが)。
確かに最近のラーメン屋ってのは「和」をテーマにしているように思えるのだが、「なぜ」そうなっているのかの掘り方が弱いのがちょっと残念。

でも良書です。テーマも論構成もとてもよい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月04日

ラーメンで紐解く日本史。否、日本史で紐解くラーメン。ラーメンの歴史だけでなく、ラーメンを取り囲む人々の歴史を俯瞰できる。そこに日本という特異なカルチャーの変遷を見て取れる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月05日

最近のラーメン屋にある種のいかがわしさとか、押し付けがましさを感じ、すっかり行かなくなったと言うより、行きたくない。その訳が少し分かった。

特に、ラーメンポエムと作務衣の制服はやめてほしい。

ラーメンと昭和史、愛国心、郷土愛、そしてナショナリズム、壮大な大風呂敷を広げているが、少々理屈ぼっくすぎ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?