【感想・ネタバレ】人類進化の700万年 書き換えられる「ヒトの起源」 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年01月11日

我々は如何に類人猿から進化してきたのかを、最新の研究、分析をもとに分かり易く解説している。
30余年前の私が学生だった頃の教科書にも、北京原人、ジャワ原人、ネアンデルタール人、クロマニョン人等の名前は載っていたものの、彼らと今を生きる人類との関係については明確な記述はなかったように思う。
しかし、そ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月23日

人類700万年の進化の歴史の解説書であるが、この分野は一つの化石からすべての仮説がひっくり返ってしまう不安定さを内包するがゆえに、この本に書かれていることのどこまでが真実なのやら。とはいうものの、読んでいてアキが来ない。「直立二足歩行する動物は人類のみである(飛ぶように進化しなかった生物が爬虫類のみ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月10日

人類はどこから来たのか?今のところ現生人類(ホモ・サピエンス)の歴史は700万となっているらしい。そんなことどうやって分かるのか?何を持って700万年なのか?化石って何?というような素朴な疑問に答えを用意してくれているのが本書。

著者は京大理学部卒の読売新聞記者だが、アウストラロピテクスだとか専門...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月24日

2005年発行なので、少し古いが学者さんではなく、読売新聞の記者上がりの方が説明しているので分かりやすい。

1〜3章で、類人猿から新人までのアフリカで生まれたヒトが世界に拡散していく様子を説明している。

4章では日本列島のヒトの問題、5章では年代測定法の功績と限界、6章では遺伝子から考えることが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月09日

人類進化の歴史を、研究者ではなく、サイエンスライターがまとめた本。

なんというか、公平感がって、読みやすかった。

有力者誕生のメカニズムとして「宴会説」なるものがしょうかいされてるが、一見おかしみがあるが、よく考えるとそうかも?とおもわせる。

チンパンジーと人間では染色体の本数が違う(チンパン...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月14日

石器の発明は食生活の質を格段に上げただけではなく、
脳の増大に向けての扉を開く鍵だったのではないか?
という説は目からウロコだった。
脳が大きくなり骨格も変化し、それに伴って生活様式も変わり、
現代人らしい心が芽生え、コミュニティーが出来る進化の過程が
平易な言葉で紐解かれる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月07日

興味深かったのは集団生活の始まりや心の獲得の部分だった。そのプロセスは諸説あって定かではないが、歯がほとんど抜け落ちてしまった頭骨から「仲間から食糧をもらうなど助けられていたから生存できたのではないか」というエピソードや、磨かれたような跡がある子どもの頭骨から、「死後に頭骨を保存し、繰り返し手で触れ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月19日

読んでいて面白かった!
人類の進化はアフリカの大地溝帯ができたことによる環境の変化だと思ってきたけれど、実は・・・ちがう!食糧提供仮説がおもしろい!
今までヒトは、猿人→原人→旧人→新人と年代を順におって進化をしてきたと考えられていたけれど、同じ時代に複数の人類種がいたということがわかってきたという...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月24日

人類の進化を分かりやすく読める。

考古学って、黴臭い気がしちゃって、ずっと好きでなかったんだ。でも、その地道な研究のおかげで、人間の変遷が分かるから、ようやく面白さがわかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年07月12日

最近の人類史は色々と変わっているんだなと
nhkスペシャルでやりそうな話
理系だったらもっと楽しめたかも

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月11日

 遺伝情報だけでみると、私たちは母系の情報を受け継いでいる。なぜなら、遺伝情報を持っているミトコンドリアは精子からは伝わらず、卵子だけが伝える。
 したがって、起源を遡るとき母系をたどっていけばいいということになる。そう考えたある博士らの研究によれば、人類の起源はおよそ20万年前のアフリカの女性にあ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月08日

まず帯に記されたマルバツ問題が良い。いくつかは最初の授業でも取り入れてみたくなる。
猿人→原人→旧人→新人という直線型の進化は,現在の発掘の進展や遺伝子研究によって否定されている。教科書はその点やはり遅れているなぁ。
ネアンデルタール人と現生人類が同時代に生きていたなんて,想像するだけでも面白い。彼...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年04月21日

人類が、いつ頃から、どのようにして進化してきたか、ということを分かりやすく解説した新書。学者ではなく、新聞記者の方が執筆されているため、一つの学説に拠る事なく、幅広い仮説が載せられている。文章も完結で読みやすく、シロウトでも楽しめる入門書だった。
    
化石の話だけではなく、遺伝子の話、また年代...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年11月21日

[ 内容 ]
四万~三万年前のヨーロッパ。
ネアンデルタール人と現生人類のクロマニョン人が共存していたらしい。
両者の交流を示唆する痕跡が、フランスなどに残されていた。
知能に勝るクロマニョン人が作った石器と同じくらい工夫を凝らした石器(石刃)が、ネアンデルタール人の三万数千年前の化石とともに見つか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月10日

人類の進化にまつわる最新の学説を紹介する新書です。いわゆるミトコンドリア・イブ説や2足歩行と脳の巨大化の関係等、教科書には書かれていない興味深いトピックが満載でした。また、京大理学部卒の新聞記者が著しただけあって、科学上の「仮説」に対し真摯な姿勢で向き合っており、非常に好感が持てる本でした。昔、NH...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月16日

700万年の間に何が起こったか、どうしてこんな進化を遂げたのか……ナゾの部分も多いけれど、そのナゾが想像をかき立てる。700万年前から進化を辿るのも興味深かったが、進化の過程を立証する今の科学の力、モノの考え方に驚いた。

ともあれ、進化する人類の説明が何十万年とか何万年とかで語られる(当然だけれど...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月17日

人類について化石云々などはもちろん、遺伝情報の変遷などにも触れられ、人間のルーツ、能力について詳しく考察している。そのぶん専門用語も多く、よくわからないまま読み飛ばしてしまった部分も少なくなかったが、万年単位の一生物としての人間について考えるのは面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年03月30日

 研究者ではなく記者が書いただけあって、新しいトピックを要領よく紹介してあって、とてもいいかんじ。「ヒトの起源」は次々に新しい化石が発見されて、中年自覚があるひとならもちろん、20代の若者だって、子ども時代に読んだ・習ったものとはまるで違うものになっている。サルから離れ、二本脚で立ち上がった謎につい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月10日

タイトルどおりの内容。
人類進化の700万年を概観することができる。

断定的でない文章に好感が持てる。
人類学という学問上,断定しにくい部分もあるのかもしれないけど。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月06日

人類学の本ですが、著者は学者さんではなく新聞記者です。人類学の世界には多様な学説があり、その学者さんによって、進化の仕方や人類の分類などが違ってくるそうです。そういった意味で、第三者である、人類学を客観的に眺めた人が書いた人類学の本という位置づけである本書は、いろいろな見方を認めたうえで語るので、公...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?