【感想・ネタバレ】入門 たのしい植物学 植物たちが魅せるふしぎな世界 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年01月06日

植物学の入門書。とにかく読みやすい一冊。

著者はマスコミに呼ばれることも多い研究者。そのせいか、人がどういうところに興味を持つのか、どこで理解に苦しみ引っかかるのか、それをよくわかってるのだろう、という印象を受ける本の作り。
序盤は少々俗っぽい事例を取り上げつつ読者の興味を惹き、徐々に話を深めてい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

葉の吸収スペクトルと作用スペクトルのとこは自分も高校の時引っかかっていたのを思い出し、あらためて葉の光合成のメカニズムのすごさを知った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

植物学と言うにはジャンルがかなり偏っている気がするが、読んでいて楽しい。興味を持たせると言う意味では入門なのかもしれない。実験についても色々書かれており、できれば実際に実験してみたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月22日

[評価]
★★★★☆ 星4つ

[感想]
植物はよくできているんだなと考えることになった。冒頭の電信柱に咲いた花にも驚いたし、突然変異した品種を商品化した話はなかなかに面白かった。光合成に有効なスペクトルが決まっていることにも驚いたが、吸収率が低いスペクトルも少しでも吸収するための構造には大変に驚い...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年07月11日

電柱の上部に、ノウゼンカズラはどうやって芽吹いたのか。
元の株は何年も前に絶えてしまっていたのに。
赤色のレンコンを品種登録するまで、どんな過程を踏んだか。
ガラスビーズでどうやってキノコを育てるか。
こういった面白い話題が次々に上げられ、謎が解かれる。

特に面白かったのは、キノコの話。
高齢化が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年10月29日

田中修さんの本2冊目。最近観葉植物を育て始めて「植物はすごい」を読み面白かった為、本書も読んだ。植物学について全くと言っていいほど知識はない。最初の方は知識がなくとも楽しめたが、終わりの方にちょいちょい専門用語が出てきて置いていかれた感じがしたので、もう少し解説が欲しいと感じた。田中修さんの本は楽し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月23日

[ 内容 ]
電信柱に突如咲いた美しい花々、ガラスビーズで栽培したキノコ、真っ赤な突然変異レンコンなど植物のふしぎな生態を紹介しながら植物学の基礎をたのしく解説します。
まったく新しい植物学の入門書。

[ 目次 ]
第1話 電信柱に咲く花の謎
第2話 赤色のレンコン
第3話 植物の光感覚
第4話 ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?