【感想・ネタバレ】魔神ガロン 手塚治虫文庫全集(1) のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2010年06月13日

突如地球へ落下してきた隕石、それは宇宙人が送り込んできた巨大ロボット・ガロンだった! はたして宇宙人の目的とは? そしてガロンを制御する鍵となる少年・ピックの正体とは? 手塚治虫が描くロボットSF!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年10月02日

横山 光輝の「マーズ」を読んだときは、

「なんて新しいんだ!!」

とか思っていましたが、手塚 治虫がやってたか。
さすがだ。すごいな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年03月03日

まあよくあったことなのかも知れないけど、代筆の部分がわかりやすすぎて(下手すぎて)萎えた。少なくとも3人は代筆してんのかな。
内容はテーマもわかりやすく、話も単純なので読みやすい。が、同じパターン(ざっくり言えば、さらわれる→戦う→助ける→ガロン)が続くので多少飽きた。
鉄腕バーディー?星3つ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月29日

50年前のSF作品。ポリゴン風味(時代を先取りしすぎ!?)の魔神ガロンが、その超越した力に群がる悪役たちを相手に暴れまくります。行き当たりばったりすぎるストーリー展開や生々しい代筆の跡が、当時の手塚治虫先生の多忙さを如実に表しています。

結局、人間はガロンを有効活用することができず、ストーリー的に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?