【感想・ネタバレ】嫁ハンをいたわってやりたい ダンナのための妊娠出産読本のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2021年05月12日

 子どもが無事生まれたことを報告し、その数日後に先輩が送ってくれた3冊のうちの一冊。
 あの人気漫画、ドラマ化もされた『コウノドリ』のモデルとなった産婦人科の先生が執筆されたパパ(になる人)に向けた本。

 この本の面白いのは、筆者の荻田先生が、まさに診察室で説明してくれているような、寄り添った文体...続きを読むになっている。
 その理由として、基本的に関西弁で書かれており、言葉も口語体を主とした堅苦しくない文体で書かれているから。
 表紙にも書いてある通り、妻のことを「嫁ハン」と表記していることからも親しみやすく書かれている。

 半面医師が書かれた本であり、しっかりとしたエビデンスを基に書かれているため、関西弁の口語体で書かれている印象とは裏腹に、信頼性が感じられる。まさに専門外来の診察室で、陽気な主治医の先生から説明をしてもらっているような感じで読めてしまう本である。

 内容としても、『堅苦しく考えなくてええんやでぇ~』という部分がある一方で、妊娠・出産はやはり母体にも子供にも命に関わるイベントである、ということは再三強く書かれている。この点はやはり、医療現場の最先端で、何千例と出産をみてきた現役ベテラン医師だからこその重みがある。それが、この本の親しみやすさの裏にある信頼性を生んでいる。

 この手の本は正直眉唾っぽいもの、宗教臭のするもの、精神論が主なものなど、最近何冊か読んだ私にはしっくりこないものもあったが、本書は客観的・医学的見地に基づいた意見で構成されており、私には親和性が高かった。もちろん読み手によりどの本が良いかは異なりますよ。

 イメージとしては、もう妊娠を考えてる後輩や奥様が妊娠をした友達などにプレゼントしたいな、という一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年10月04日

妊婦としての学びは
ネットや雑誌やSNSなど
色々な情報が錯綜する中でのリテラシーの大事さ。

そしてお産ってこんなに危ないものなんだよということをダンナだけではなくて
会社で上に立つ人にも知ってほしいと思った...

産休まで元気に出勤することが当たり前で
それ以外は迷惑かけている・足手まとい
...続きを読む思っている役職者(特に男性)
襟を正して読んでほしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年06月04日

2020.05.31

メモ
ビタミンA(ベータカロテン)は妊婦には良くない
高カロリー ポテチとコーラでつわりを乗り切れ
度胸8割 実力2割 親の付き添いマイナス5割
立ち会い出産は旦那さんもクルーの1人
40週間かけて父親になれば良い

多分再読じゃないかな、でもとても良い本だ
妊娠した暁には主...続きを読む人に絶対に読ませよう。
なんといってもわかりやすいし、ネット見るよりも心安定するし、“正直“だ。信頼がおける。その分悪いことや不安要素もちゃんと説明してくれているから、
当事者になったら印象もやはり変わるんだろうな…

わかりやすい、読みやすいというのが一番だ。
夫向けに話してくれているようなので、理解してもらうのにはもってこいだと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月06日

生後1ヶ月〜2ヶ月は、意味もなく泣くためし泣きがあるから、そのときは泣き止まそうと考えずに、赤ちゃんの泣きにそっと付き合おう。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

わかりやすい

はしも 2019年07月21日

女性の体のことお産のことダンナの担ってほしい役割など、知りたいことがきちんと知ることができて満足しました。 数時間でサクッと読めます

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年06月01日

ダンナのための妊娠出産読本
萩田和秀

ビタミンB群が不足すると妊婦さんがウェルニッケ脳症を起こす可能性がある

おなかの中で高血糖状態にさらされることが多いと、その後で急激に血糖値が下がる低血糖の発作を起こしやすくなる。

ビタミンAは禁忌(レチノイド)
臓器に奇形を生じさせる

出血による母体死...続きを読む亡は53%は有床診療所

慢性的エコノミークラス症候群
循環血漿量が通常の1.5倍
慢性的な貧血になる
血液が非常に固まりやすい

陣痛は、睾丸を二分間に一回蹴り上げられる痛み

妊娠を機に発症する合併症
妊娠高血圧症候群
妊娠糖尿病

妊娠は子供と出会う命がけの旅

赤ちゃんは実は低温に弱い

育児行動はメスに比べるとオスは不向き
オキシトシンが少ない。育児行動をとる分泌物

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月05日

産婦人科医及び夫の視点から出産について非常に噛み砕いた話し方で描かれている。全体的にとてもわかりやすく読みやすい。いろいろ突っ込んだ話をしている部分もあり、内容もあって気軽に読めると言う意味でとても評価している。出産から産後まで一応簡単にカバーしており、家族が妊娠出産を控えている場合は読むととても良...続きを読むいと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月04日

コウノドリのモデルの産科医の著書。なんかわざとコテコテにしすぎた大阪テイストがうっとおしかったけど、50歳と知ってまあそういうものかとも。都市伝説はきっちり切ってるものの、低そうなリスクをゼロリスクではないから…と記述しがちで、守りに入ってるなあ、と思ったけど、それでも業界的には攻め気味なようで闇が...続きを読む深い…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年04月20日

【279冊目】実用的なアドバイスから心構えのアドバイスまで、かゆいところに手が届く本でした。体験談も大事だけどやっぱ人それぞれ。それに比べてこれは本物のプロが書いた本だから、内容も信用できる(眉唾の情報たくさんだから、周産期の情報は鵜呑みにするなって本文に書いてあるけど笑)。それに文章もとても読みや...続きを読むすく、分量も情報量もちょうど良い!そして、「奥さんの合併症」とか「出生前診断」とか「立ち会い」とか、色んな論点をバラバラにインプットされるのではなくて、1冊でまとめて勉強できるところが良い!

奥さんが妊娠したダンナが最初に読む1冊にしたら良いと思うな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年06月02日

基本的で医学的にウソの無い情報が中心なので必殺技!的な効果は無いけど慌てたり、変な健康法に惑わされる前に一冊は持っておきたい

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月30日

友達にもらった本。産婦人科医による書き物なので、別に旦那が読まずとも、妊婦が読んでも良い本だと思う。産休中やつわりがキツい時期などの読み物にどうぞ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月22日

出産に至るまでのリスクや旦那として役割が
話し口調で書いてあるので、とても読みやすい。

知らないことばかりの情報がいっぱいだし
テレビや友人からは受動的に獲得しにくい
役立つ情報がたくさんつまってるので
後輩パパにも教えたくなる本でした。

◯気になったワード
・安定期なんてない
・マタ旅はやめた...続きを読む方が良い
・妊婦の免疫力はメッチャよわよわ
・流産は15%もある
・赤さんは体温調節能力が低い

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月15日

旦那は側にいて、一番の理解者であることが大事。なにかをしようとか何かになろうとか考え過ぎず、気楽にいこうと思わせてくれる本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月24日

ダンナさんが自らこの本を買って読んでくれていたことに感動。

全部積極的にやってくれるし、全然不安なし。

あえていうなら、インフルエンザのワクチンだけをお願いしたいところ!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月18日

コウノドリのモデルとなった周産期医の著者。妊娠とはどのようなものか、どのようなリスクがあり、女性の体内ではどのようなことが起こっているかを、わかりやすい言葉で綴っている。
妊娠中の女性からしたら、割と当たり前のことでも、ダンナさんには知らないことが多いと思うので、夫婦で読むのはいいと思う。まぁ、この...続きを読むような新書に手を出すダンナさんは、そもそも育児などにも積極的な方なんだと思いますが…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月11日

これを書いたお医者さんはマンガ、コウノドリのモデルの先生らしい!

お医者さんの視点で、かつフランクに書かれていて読みやすかった。とてもいい本!

早産は妊娠後期で8%らしい…どうなることやら。

生まれたら「首」と「温度」に気をつけなきゃいけない。しっかりと頭や首を支えて抱くこと、低温にしないこと...続きを読むが大事。

あと1ヶ月から2ヶ月は「試し泣き」っていうわけもなくなく状態があるみたい。そういうもんだと思って期間限定乗り切ろう!

旦那に読ませたらとても役に立ったようで、これからパパになる友人に勧めていました(笑)立ち会い出産のリアルはかなり衝撃だった様子。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月11日

妊娠・出産について父親が最低限知っておくべき事をすごく分かりやすく説明しています。

コテコテすぎる関西弁は大阪人の私でも少し抵抗がありますが、
そこはご愛嬌という事で、まぁ慣れます。

最低限なので、他にも勉強は必要だと思いますが、最初の1冊目にはとっつき易くて良いと思います。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年03月18日

漫画『コウノドリ』のモデルとなった産婦人科医による、妊娠出産のイロハについて教えるイントロ本。さすがに医者だけあって、基本的な知識がしっかり押さえられており、また科学的な根拠のない流言はバサっと切り捨ててます。医療用語はとかく難しくなりがちですが、できる限り平易な表現と説明で読ませようとしているのも...続きを読むマル。

関西以外の場所に住んでいる身としては、終始コッテコテの関西弁で進められるとそれだけで胡散臭さを感じてしまうんですが、これはもう著者の生まれ育ちによるものなので仕方ないですね。ただ、こうした語り口を受け付けない人もそれなりにいるはずで、一方でこの本の内容自体は非常にためになる部分が多いので、そのへんで無駄に敷居を上げてしまってはいないかなー、というのが気になるポイントです。

「ダンナのための」とありますが、奥さんにとっても重要な内容はたくさんあります。うちは妊娠してから奥さんがこの本を見つけてきて「これを読め」と渡されましたが、妊娠前からこの本に書かれていることは知っておいて損はないと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月21日

嫁ハンが妊娠したらまずは読んでみたらいいと思います。基本的なことが一通り学べます。リスクの話は個人的には勉強になったなーと。本自体も薄いのでサクッと読めますよ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月25日

コウノドリを監修している医師による妊娠出産に関する事項をまとめた本。読みやすいので、これ一冊でおおよその内容はカバーできて○

このレビューは参考になりましたか?