【感想・ネタバレ】ライオンブックス 手塚治虫文庫全集(1) のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2010年12月25日

愛と憎しみをテーマに描くSF傑作短編集。国家権力に引き裂かれた恋人たちの時空を超えた愛を描く「安達が原」の他、地球人と宇宙人、心と肉体など、様々な愛と憎しみの姿が浮かび上がる短編5編を収録。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年09月22日

宇宙調査官のユーケイは冷酷なハンターだ。地球から逃亡した反乱分子たちを探し出し、追いつめ、粛正する。おまけに今度の仕事は大統領からの勅命だ。宇宙の果てに棲む魔女の犯罪の証拠を探し出し、始末する。だが、ユーケイの前に現れたのはただの老婆にすぎない、その上彼女はユーケイの過去に妙にこだわるのだった……。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年04月18日

手塚治虫版『ファウスト』の第2作。一塁半里(ファースト=ファウスト・ハインリヒ)から生まれ変わった不破臼人(ファウスト)の活躍と悪魔スダマの可愛らしさっぷり、そして物語構成の巧みさが相まって、隠れた名作です(別に隠れてもいないけれども)。

「あたし……、ご主人さまにメタメタにポーなの」スダマのこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年03月09日

エロス1000pがおもしろかったので手塚ブーム
ライオンブックスの3が見つかったら2・3と買う予定

「安達が原」の能のカットインが強く印象に残る
手塚治虫のかく物語って人間の明暗くっきり

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年09月21日

多分、題名が「ライオン」だったので、「ジャングル大帝」みたいなお話かと思っていましたが、全然、違っていました。

けっこう、意欲的な短篇集。短編の傑作集とかで、読んだことがある話も見られました。

お話があふれる人なので、同一のキャラクターでシリーズかくよりも、こんな短編の方がむいていたのかもしれな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?