【感想・ネタバレ】シオニズムとアラブ ジャボティンスキーとイスラエル右派 一八八〇~二〇〇五年 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2014年03月16日

シオニズムの理論的支柱となっていた
ジャボティンスキーという人物に焦点を当てながら
その後のシオニズムの変遷についてもカバーした力作である。

国家主義から排斥された民族主義の活路として
シオニズムが打ち立てられ、
他民族への徹底的な非妥協の姿勢を打ち出す。
その実現物こそが「鉄の壁」であった。

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?