【感想・ネタバレ】ロシアの源流 中心なき森と草原から第三のローマへ のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年07月02日

【脈々の懐】ロシアという国の成り立ちを,ロシア正教の発展と絡めて論じた作品。知っているようで知らない東欧中世世界の案内役を務めてくれる一冊です。著者は,サンクト・ペテルブルグ国立大学で学んだ経歴も持つ三浦清美。

知っているようで実は知らない歴史の展開に,「なるほど」を連発した読書体験でした。馴染み...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

小公国が分立するロシアは、如何にして大帝国となったか?
「タタールの頚木」と呼ばれたモンゴル支配、十字軍、異教国リトアニア、そしてイスラム勢力(オスマン・トルコ)によるビザンツ帝国滅亡など、東西から大きなエネルギーが襲い掛かり混濁した地、ルーシ。
人々の魂の拠り所となった東方正教、その世俗的支配...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?