【感想・ネタバレ】洲崎球場のポール際 プロ野球の「聖地」に輝いた一瞬の光 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年09月27日

プロ野球の成り立ち、アマチュア野球のかつての人気ぶりといった、現日本の野球の歴史を凝縮した一冊。安住紳一郎の日曜天国のゲストに著者が出たときに、あとがきの1フレーズを安住氏が朗読。その声に、本書が彼の心にも響いていたことがうかがえた。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年01月06日

プロ野球勃興期の昭和11年から13年までのわずかな期間に,東京は木場に存在した洲崎球場を徹底的に取材した結晶.
生まれたての「職業野球」と蔑まれたプロ野球がいかなる想いを抱え,必死にその時代を生きたかという息遣いが聞こえてくる,非常に臨場感のある描画だった.

洲崎球場のあった東京の東部はブルーカラ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年12月30日

 子どもの頃に読んだ、プロ野球の歴史に出てきた話がたくさんあった。馬刺で沢村の腫れがひいたとか。
 ただ、洲崎球場のことは、名前くらいしか知らなかった。
 歴史を掘り起こした一冊として印象に残る。
 願わくば、戦後の混乱期についても、この雰囲気で歴史を語ってほしい。

 

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月28日

東陽町の江東運転免許試験場の近くに洲崎球場の跡地を示す記念碑があることは知っていた。
昭和の一時期、後楽園が完成するまで、プロ野球のカードが行われていたのは知らなかった。そして、沢村栄治の伝説の投球のほとんどがそこでの出来事であったことを知った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月18日

職業野球創世記の伝説の球場、洲崎球場を軸に、プロ野球立ち上げからの歴史を追う。良質なドキュメンタリーを見ているような、映像が浮かぶような一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年02月16日

東京下町、戦前は遊郭で賑わった洲崎にプロ野球専用の球場ができたのは、昭和11(1936)年のこと。沢村栄治がノーヒットノーランを演じ、伝統の巨人阪神戦がここではじまった。しかし、わずか1年後の昭和12年にできた後楽園球場にその場を奪われ球史から消えてゆく。今年2014年は、巨人が誕生してから80年、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?