【感想・ネタバレ】AIの衝撃 人工知能は人類の敵か のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年11月12日

今、話題の機会学習とは何なのかをディープラーニングを含めて比較的わかりやすく解説してくれる。ディープラーニングって何?と思っている人の良いとっかかりとなると思う。
本書はそれだけにとどまらず、最新(2015/3現在)の機会学習を応用したAIの状況について知ることができ、その進歩の度合いに度肝を抜かれ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月20日

Deep learningなどの新しい理論でAIは再度持てはやされつつある。米国のIT企業がAIを搭載したロボットの開発に力を注いでいる。一時期日本こそロボット技術の先端と言われていたが、AI搭載ロボットでは米国に遅れを取っている。脳科学の最新知見を組み込んだニューラル・ネットワーク。神経細胞の動き...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月23日

AIが人間の仕事にどのように影響を与えるか不安及び興味を持ち購読。
確かにAIに取って代わる職業があるのは現実的に不可避であるが、各IT企業が考えるようにAIにより、本来の人間がすべき仕事を把握するには良いチャンスであることも納得できる。また、単にAIの到来に不安を感じていたが、産業革命にあったよう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月31日

文系人間にはまさにタイトル通りの衝撃。今取り巻くあらゆる産業の構造を塗り替えると実感。ネーションではなく企業に支配される時代か。しかも人間ならではの創造性すらもAIコンピュータが凌駕する未来。人間とは何かが問われる世紀になる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月12日

まだ完全にdeepラーニングが解明されていないと言うことに驚いた。
Deepラーニングの凄さは大量のデータを分析し日々進化していくところにある。
大量のデータはインターネットや各種センサーで毎日入手される。

"一言でまとめるとdeepラーニングには謎が多くだからこそ今後驚異的な進化をとげ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月19日

非常に興味深い一冊。

僕たちの知らないところで、僕たちにとっても非常に重大な研究が進んでいて、いつか間違いなく表舞台に登場して、大きい影響を及ぼすであろう「AI=人工知能」というものについて。

これまでのように仕事や暮らしが楽になるというレベルではない「未来」が訪れる。

一方で、著名な科学者ホ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月01日

ここ数年話題になっているAIの話。SF好きとしてさわりくらいは理解したいと思い手に取って半年かかったか。しかし読んでよかった。問題点、期待される点、現状はこの本が出版されてからまた少し変わっているのだろうが、話についていけるくらいにはなった。
何より最後の辺りが好きだ。半年かけてでも読んでよかった。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月25日

AIの基本的理論、AI開発の歴史や現状などをわかりやすく紹介した本。

脳科学の研究成果がAI開発に応用されたことで、AIの能力は飛躍的に高まりました。テクノロジーが進化する中で、AIはどのようなものになるのか。そして、人間はAIとどう向き合うべきか。そのことを本書を通して考えることができます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月28日

現在、AIと言われているものの本質?が朧げと理解した気になれる。
とりあえず、日本がいかに出遅れているかを再認識。
あと、偉人たちの言葉は端的かつ本質を捉えていて、刺さりました。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年10月12日

AI、聞いたことはあるしニュースでもたまに記事を読むが、よくわからないもの。
とある役員に薦めてもらって読んだ一冊。

これからのAIと日本が遅れていることなど知れたと同時に、
人間の存在価値を考えさせられるきっかけになった。
創造性について触れている箇所は納得感ありだった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月21日

●ロボットが雇用を奪うといっても、それなら人間は独自の創造性を活かす分野にシフトすればよいのでは? と思ったら、AIは創造性をも発揮していくことになるらしい。AI開発の歴史やAIの現状など、ポイントをおさえた解説でわかりやすい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月08日

AIの歴史よりも、今後の付き合い方が知りたかったのですが、ヒントはもらえたようです。主観と創造性、、。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月29日

非常に面白い本であった。特に最後の場面で人間が既に攻略された将棋を指しており、それをAIに不思議がられるというシーンが印象的だった。AIからすれば馬鹿にされてしまう将棋や囲碁を指し楽しんでいる人間が自分たちより頭の良い存在を生み出しという強烈なメッセージは未来の人間の姿を現しているのではないかと思っ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月25日

なかなか読み応えがあったし、最近のAIにまつわることが網羅されていて、短時間でキャッチアップするには良かった。あと何冊かAI関連は読みたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月15日

将棋やチェスでAIが人間に勝つというトピックスから始まり、AIの現状、取り組みの歴史を解説する。新書らしくポイントを押さえた解説でわかりやすい。
AIは人間に敵対するものではなく、人間とAIが協力して、人類が直面する難問を解決していくのだという未来図は、そうあってほしいという願いとともに、共感できる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月15日

人工知能、AIの入門書に最適。これを読むだけでかなり勉強になります。しかも読み安いし、次に何を調べればいいかも分かります。おすすめです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月05日

機械の部下を持つ日は近い。

94p
ベイズ確率がAIに使われているのは知らなかった。
それとベイズ確率の説明が良い。
「最初からそんなに理想的な確率を得ようとしたら一歩も進めないよ。それより最初は最初は不正確でもいいから、
自分で適当に確率を決めておいて、そこに実験や測定の結果を反映させて、徐々に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月26日

AIの仕組みが分かりやすく書かれている。
2015年の出版なので当時の将棋電脳線までのことが書いてあるのだが、その後気になって調べたところ、
2016年:PONANZAが2勝0敗
2017年:PONANZAが2勝0敗
と、AIが続けて勝利しているようだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月16日

創造性すらAIの範疇という考えが印象的だった。最後には役に立たない、非効率なことが残るのだろうか…。

また、脳の働きを分子レベルで解明する、や、猿の脳の動きの調査方法など、瀬名秀明著のbrain valleyの世界へと現実がシフトしつつあることも印象的だった。

"つまり、創造性とは全く...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月12日

AIについての現状などを知るためには
よくまとまってていい本だった

他の小林雅一さんの本と
かぶってることも多かった気はするけど

ディープラーニングとは何なのか
そもそもなぜ最近になってAIが騒がれだしたのか
今後、産業にどのような影響を与えるか
各国はどのような対応をしているか

このレビューは参考になりましたか?