【感想・ネタバレ】妖奇庵夜話 誰が麒麟を鳴かせるかのレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2020年07月18日

新しい人物が顔を覗かせた。
人は大切にしたいもの全てを手に入れることは出来ない、と、とても感じいります。
榎田さんの書く文章は、想像が掻き立てられて好きです。
読んでいくうちに、これは誰のことだ?
あれ??と。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月03日

最後に戦慄。良かったけど、寿命のことやらクライマックスとか悲しい。
もっと続いて欲しいのと幸せな終わりを求む。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月30日

読後に「いやぁ、凄いな!」大きめの声で言ってしまうラストです。笑 始終ドキドキハラハラなお話になってます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年05月24日

脇坂さん、やっぱいいなぁ。小鳩さんもかわいいし。マメくんはちょびっとたくましくなったし。本編としてはどんどん不穏なかんじになっててつらい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月04日

このシリーズ、どの本をとっても習作だと思う
この飽きさせない内容だけでもスゴいと思うのに、さらにキャラ設定が最高❗
クライマックスに向けて走り出しているようだけど、できれば終わってほしくないのだけれど…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年12月27日

伊織と"彼"との関係、伊織と母との間に紡がれてきた妖人としての在り方と想いが詳らかになるにつれ、伊織の意思が決して強固なものではなく無数のヒビ割れをその基部に刻んだものであり、"彼"はそのヒビの上から容赦なく圧をかけて伊織そのものを貪らんとしているのが感じられ...続きを読むて辛い

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年04月27日

ラストに来て真逆の!!!
ちょっとどういう事?!

沖縄での邂逅の時も、ふと思ったけど、
青目と伊織の距離は実は遠く無いのでは…?
2人とも十分な絆が有るのでは?

脇坂くんの恋模様がちょっと気になる!誰か一人くらい幸せにして上げてください! お幸せに(^^)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月24日

少し見えたような気がしてたのに、また別の影。悪寒を残して次…。

人は弱い。それはきっちり理解した上で生きないと。
そっか。「助ける」と「守る」は違う。助け合うのか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月07日

今回の洗脳をめぐる物語の奥は深く,また洗足伊織をめぐる闇は深い.青目の背後の影.ラスボスは鵺か?コツメカワウソ似のひろむさん,脇坂さんとうまくいくといいね.

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年05月10日

これはツライ。読後は心がどんより( ノД`)…
今回、マメくんがリンちゃんと関わることがなかったから良かった。マメくんには笑っていてほしい。あまり登場しなかったのは残念だけど。
印象的な場面はマメくんが先生のいる茶室へ、手作りの水無月を届けるところ。(襖が)スパーン、と予想以上の音がした。と書いてあ...続きを読むる。実際に音が聞こえたような感じ。
それから、先生と青目の嵐の場面も印象的だった。中村明日美子先生の絵でみたい。
最後に皆集まって素麺をたべるけど、読者の私は喉に小骨が刺さってる感じで楽しめない。初回特典のショートコミックペーパーがあって良かった。かなり元気になれるので(^-^)

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年02月12日

2020/2/12
脇坂クンに想い人ができてうれしいよ。
なんだかかわいらしく微笑ましい。
彼女いる疑惑は晴れたのかしら。お姉さんやろ?
心配して取り乱す男性に萌えてしまう性分なので、今回の脇坂クンは堪能いたしました。
先生やマメのは違うんだなぁ。気付かんかったけど。
本編は青目以外のラスボスがいた...続きを読むかのような。
木村が二人の父親?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月26日

シリーズ第7弾。今回は怪しげな宗教団体と洗脳騒ぎ。
洗脳されている人間は、自分が洗脳されていることに気付いていない。自分が洗脳しているつもりで、実は他人にコントロールされているなんて恐ろしい。

例によって事件の影には、青目の姿がチラつくのだけれど、最後に、さらに裏で糸を引く人物の存在が明らかになり...続きを読む、いよいよ新たな展開が期待できそう。

このレビューは参考になりましたか?