【感想・ネタバレ】知的生産術のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2021年04月04日

「前例や社会常識を疑う」、「自分で考えて行動する」というこの本の中の教えは、常によい仕事をするために心に留めておきたい。

事務系の仕事は作業がルーティン化しており、生産性を上げるためにやり方を変えるという考えになかなか至らない。しかし、自分が仕事を楽しむため、社会で通用する人間になるためには、決め...続きを読むられた仕事を効率的に進め、空いた時間で新しいモノを生み出していけるような仕事のやり方を身につけていきたいと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年11月10日

たくさん考えさせられる本。

人・本・旅

今は自営業で1番実践しやすい環境。
これも自分なりに行動してきた結果。

もっと人を惹きつける人間になるために、
この3つの要素はふんだんに日常に取り入れる。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

老人が新しい!

ヒロ 2020年10月17日

いわゆる精神論、根性論を語るのが高齢な経営者というイメージを、たぶん私以外の方も持たれているんじゃないかと思います。飲みニケーション、パワハラ、女性蔑視。こういうのを我慢して成長していけ! 的な精神論をよく聞くんじゃないでしょうか?
でも本書は違います。
女性の幹部割合は増やされるべきで、飲みニケー...続きを読むションを強いる上司は辞表を提出すべき。上司の機嫌は常によくあれ。
そんなことを言うビジネス本ってあります?(いや、あるかもしんないけど)
人生の中で仕事はどうでもいいこと。そのどうでもいいことを、いかに短時間で効率よくアウトプットできるか。その方法論が本書には書いてあります。
一般的な企業体質に馴染めない方にこそ読んでいただきたい名書だと思います。読んでて楽しかったよ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年10月11日

レジュメ

生産性を上げるには同じ仕事を
より短い時間でこなすこと

同じ時間でたくさんの量をこなすこと

同じ時間で仕事の質を高めること

自分の頭で考えること

知的=自分の頭で考える

自分の頭で考えて成長すること

飯風呂寝るから人本旅に切り替える

 同じような人と会わずいろいろな
本を読...続きを読むみ似通った場所には行かない

イノベーション=知識×考える力

おいしい生活=いろいろな知識を身に付ける×自分の頭で考える

サービス産業における購買の主体は女性

女性の活躍を妨げているのは長時間労働
を容認する労働慣習

知的生産性を高めるには社会常識を疑い
根底から考える以外に道はない

考える=腹落ちるする

ワーキングマザーは知的生産性が高い

仕事と子育てを一緒にした方が生産性が上がる

他人に宣言すると自己暗示につながる

紙に書いてあったりFacebookやTwitterに
投稿すると自分の思いが言語化される

生産性を上げるにはすぐにアウトプットする

サッカーで大事なのは瞬時の決断力

人に話す
文章に書いて人に見せる

影響力=仕事量(アウトプット) ×スピード(時間)

 歴史上衰退した国は決して改革を怠っていたわけではない改革のスピードが市場(世界)のスピードより劣っていたがゆえに衰退していった

人間が1番刺激を受けやすいのはロールモデル具体的な
行動や考え方の模範になる人物を真似ること

やれば手の届く身近なロールモデルを見つける
ことが大事

自分の観察できる範囲の中で学び取りたいことが
できる人をお手本にする方が具体的

世の中の全てはトレードオフ

すなわち何かを選ぶ事は何かをすてること

人生のすべてトレードオフ

すてた場所に新しいものが入る余地が生まれる

人生を無駄にするのは
済んだことに悪口を言う
人をうらやましいと思う
人に褒められたいと思う

素人こそが最善のアイデアを出し得る
素人がチームに加わると業界の慣習や常識に
縛られない素朴な疑問が出る

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年09月26日

とても納得感のある内容。合理的だが、「そうあ」は言っても」という話もおおい中、著者のすごいところは、それをそのまま実践しているところ。
読者(すなわち、自分)も実践できる可否かで、この本の真価が問われる。。とりあえず、同著者の著作を引き続き読無ことにしよう。。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年08月21日

思わず笑ってしまうところもあるのが、出口治明氏の著書の好きなところ。いつか講演聞いてみたい。もし何か縁があって学び直す機会があればAPUに行きたいと思う。仕事一筋よりも、ライフ(7割)ワーク(3割)バランスをもつことが、より知的生産性を高め得るとすれば、そのライフの部分をどれだけ充実させていくかが本...続きを読む当に重要だろう。「人・本・旅」で学ぶことの大切さを日々実感していきたいと思えた。(自分は諸事情により、旅は出来ないので、つい本に偏りがちではあるけれど、多様性を大切にする出口氏は、きっとそれでもいいと言ってくださると勝手に信じています。)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年07月08日

◯気づき
自分の働き方・生き方を考えさせられた。人生は、仕事のためだけにあるのではなく、楽しむ・幸せに、豊かになるためにある。知的生産性を向上させ、この時代を、豊かに生きていく。

TO DO
・「この仕事は何のためにやるのか」を考え、無減代
・腹落ちするまで、「なぜ」を問う
・自分ルールを作る

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月27日

出口さんの本を今月は4冊購入して読んでいます。
60歳でライフネット生命を立ち上げ
70歳を過ぎて、あらたに立命館アジア太平洋大学の学長に就任された
60歳を過ぎてからもさらに活躍の場を広げている方です。

出口さんがすごいのは、本人が人生で一番大事なのは「本、人、旅」と言われているだけあって
まさ...続きを読むに知の巨人です。
読書は1年で200冊を超える読書量。とてもマネできない量です。
1日1時間は必ず読書タイムを作る。その継続が今まで10,000冊以上を読破されている
ことに繋がっているんだな、と思います。

「アウトプットの精度はインプットの量で決まる」
という言葉も出口さんが言われると納得できます。

遅読ですが、自分もコロナ禍の中でインプットに励む日々。
出口さんの本はとっても読みやすく勉強になります。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月18日

この本には、余り目新しい事は書いてませんね。
でも、作者である出口先生の経験が詰まった本であり、知的生産を上げる為の知見を知ることが出来る本です。冒頭では、知的生産をあげる必要があるファクトが書いてあり、後半でそのロジックが書かれています。このファクトとロジックは出口先生が大切にされている事であり、...続きを読むそれを出版においても実践されていませ。
感想の冒頭に目新しい事はないと書きましたが、浦を返せばそれだけ普遍的な事が大事であると言うことです。
時代が変わる中で、新しい発想やツールが出てくる昨今ですが、基本は大事です。
私のような社会人になって時間がたつ人が読んでも、思い返しが出来るのでいいですし、何よりも若い人は人生の先輩の経験を知ることが出来るので、こんな時期なので読んで勉強する事をお勧めしたいですね。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年11月12日

職場に出口さんのような上司がいたら最高だと思う。物事を筋道立てて考え、無駄なことは省いて生産性を高め、ダイバーシティを大切にする出口さん。他の本でもよく言われている「人、本、旅」、「数字、ファクト、ロジック」の他、「イノベーション」=「知識」×「考える力」が印象に残った。世の中には働き方についての講...続きを読む演会やセミナーが多々あるけれど、そこで言われているような大事なことがこの一冊に全部詰まっていると思った。おすすめ!

p56
「既存知間の距離が遠いほど劇的なイノベーションが生まれる」

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月10日

出口さんがAPU(立命館アジア太平洋大学)の学長に就任されてから出版された一冊。
いつもながらの「出口節」を堪能できる一冊です。
本の帯に書かれているように、「人・本・旅」で学んで、「数字・ファクト・ロジック」で考えることの重要性を再認識することができました。
そして、「運」と言う要素の大切さ。
...続きを読む箋は28枚付きました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月20日

『知的生産術』出口治明著
2017年娘の学校の講演会でお会いしました。
そこから出口さんの書籍を読むようになりました。

1.自分の頭で考え決める。
2.出会い、本、旅→学び
3.文字化発信→理解度↑
4.サボり願望→工夫思考
5.上位2割役割→組織生産性

改めて出口さんのルーティンに感化されまし...続きを読むた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月20日

廣文館新幹線口

■業務効率化の視点
①その仕事は、なくせないか?
②なくせないのなら、減らせないか?
③ほかのやり方に変えれないか
この仕事は、何のためにやるのか、を突き詰めて考えたら、省略できる作業はいくらでもあるはず

■世の中を見るための要諦は、数字、ファクト、ロジック

■腹落ちするまで考...続きを読むえると、自己暗示がかかる

■スケジュール管理の原則
①スケジュールを一年単位で考える
②自分のポジションを明確にする
③一元管理する
④スケジュールを公開する

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月14日

出口さんの主張は常に変わらず、
メシ、風呂、寝るから人、本、旅の生活に切り替えて学び続けよう。
将来のことは予測しえないから過去=歴史を学んで適応力を身に付けよう

というもの。その考えがシンプルで何度読んでも共感するので、同じ主張と分かっていても何作も読んでしまう。最近メシ、風呂、寝る生活だったの...続きを読むで学びを取り戻さねば。
そして今作ではそもそも何故出口さんの主張は常に同じか理由も明らかになっており、こちらも是非見倣いたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年05月22日

昭和のサラリーマンを経験しながら、団塊の世代によくある古い考え方が全く無い合理的な方だと感服した。
ライフワークバランス、この言葉こそ、私が7年前ぐらいに悩み転職したきっかけだ。出口さんの言われるように仕事の時間は全体の3割にも満たないのだから、如何に全体のバランスを考えるかが重要だ。
そのためには...続きを読む、人、本、旅だといわれる。また自分で腹落ちするまで考え、エビデンスを確認し、ルール化する。ここまでロジカルに自分を統制するのは難しいとは思うが、まずは実践してみる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年05月19日

著者の出口さんの仕事を通じて得られた、生産術について考え方、インプット・アウトプット、マネジメント、コミュニケーション等についてを 分かりやすく書かれた本です。

特に印象的に残ってるのは、以下の2つです。

生活の基本を「メシ・風呂・寝る」から「人・本・旅」に切り替える。
これは今のサービス産業時...続きを読む代において、斬新なアイデアやサービスを生み出すことが求められていることにある。

知的生産を上げるためには無減代(むげんだい)…その仕事を無くせないか、減らせないか、他のやり方に代えられないか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年04月29日

成長=生産性の向上
同じ仕事をより短い時間で
同じ時間で沢山の仕事を
同じ時間で仕事の質を
人、本、旅
無減代で考える
数字、ファクト、ロジックで考える
行動の源泉は、腹落ち感
ルールを決めて例外を作らない

◼️する事
・毎日の読書をルールにする。
・モチベが低い相手には、腹落ち感と好きな仕事を意...続きを読む識する。
・リーダーになった時は、上位2割への関わりを意識する

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年03月21日

長時間労働は二次産業、工場モデルの働き方。
仕事は無減代。無くす、減らす、代用する。
上司の思いつき(数字に基づかない)は無視して良い。
ワーキングマザーは必ず指定時刻までに仕事を終わらせる。
腹落ちすれば徹底できる。
上司の感情は、部下に筒抜け。好き嫌いがあっても部下は気にしないが、不公平感は気に...続きを読むする。
先のことは誰にもわからない。そのときやりたいことを全力で。
仕事はどうでもいいもの。一生のうち、仕事をしている時間は2、3割。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年12月28日

本書では、「知的生産性」を自分の頭で考えて成長することと定義しています。

日本の経済成長期は工場モデルで労働時間が生産力に直結していましたが、今は違う。サービス産業モデルでは、アイディアが重要。

勤勉な人よりも、デスクにほとんどいなくても、成果を出せる人の方が評価される時代に。
けれどこの意味は...続きを読む、コツコツ努力することを否定しているのではないと受け取りました。

効率よく成果を出すことが必要な時代だけれど、様々な経験を重ねなければ、効率的な仕事はできません。経験を積んだり、腹落ちするまで調べたり、突き詰めて考えたりするには、相応の時間を費やすことでしょう。

「最小の労力で最大の成果を上げる」
一見、楽をしたい人の言葉のように聞こえますが、実は、とても根気がいるし、努力も必要なのではないかと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月15日

題通り知的生産性を高める生き方について語られています。
出口さんの本をはじめて拝読しましたが、極めて筋の通った方であると感じました。
特に時間に対するコミットメントが高く、読んでいて気持ちのいい内容でした。
時間は有限であり、自分の好きなことに全力を注ぐべき。
腹落ちして納得出来ることで有れば、自ず...続きを読むとを継続でき自然と習慣化する。

自分のプライベートについて考えた場合、
24時間から睡眠、仕事、食事等の時間を差し引いていくと4時間しか残りませんでした。少な過ぎです…
この可処分時間をいかに自分が好きなことに使えるか。
しっかり吟味しないといけませんね。自分の為に。

改めて、私自身がほんとに何をしたいのかを考える良い機会になったと思います。

このレビューは参考になりましたか?