【感想・ネタバレ】UCLA医学部教授が教える科学的に証明された究極の「なし遂げる力」のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2019年10月12日

いい行動を続けるための科学的に証明された7つの方法を示した本。7つの方法は以下の通り。
1.目標を小さく刻む
2.コミュニティ
3.重要性を認識する
4.簡単にする
5.ニューロハックス
6.夢中になる
7.ルーチン化する

この7つの方法を、自動行動、衝動行動、一般行動に合わせて使い分けて改善して...続きを読むいく。

普段あまり意識せずに行動の習慣化をしてきたので、この本に書かれた内容は非常に興味深かった。
この成し遂げる力を上手く活用して、自らの人生をさらに改善していきたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年06月29日

『NEURO HACKS「なし遂げる力」』

カルフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の医学部教授 ショーン・ヤング 氏のの著書です。
過去15年の研究成果によって導きだされた、科学的な裏付けがある物事を「なし遂げる力」を使って、目標が達成できるように行動を変える方法が書かれています。

本書の...続きを読む内容は、以下のようになります。

正しい情報を与えても人は行動を変えない。
現代の心理学は、人間の行動を一度のみ変える方法を論じている。

目標を達成できるようにするためには、科学的に正しい取り組みが必要となる。
人間の行動は3つのパターンに分類できる。
無意識に行動する「自動行動」
意識はしていても押さえられない「衝動行動」
続ける意欲が足りない「一般行動」

この3つの行動パターンに合った「心に効く7つの力」を活用することで、行動を変え、目標を達成することができるようになる。

「心に効く7つの力」とは、以下の通りである。
①目標を小さく刻む
②コミュニティ
③重要性を認識する
④簡単にする
⑤ニューロハックス
⑥夢中になる
⑦ルーチン化する


【本書で学べること・考えること】

・心に効く7つの力
 ①目標を小さく刻む
 ②コミュニティ
 ③重要性を認識する
 ④簡単にする
 ⑤ニューロハックス
 ⑥夢中になる
 ⑦ルーチン化する
・3つのパターンの行動別、ケーススタディ
・計画の立て方
・コミュニティの作り方
・人間の重要なことビッグ3
・物事を簡単にする3つの方法
・知識の呪い、デイトレーダー効果
・報酬
・ゲーミフィケーション
・瞑想
・磁気的行動


読んでみての感想です。

個人的に内容に納得、共感できる部分は多かったと思います。
ただ、何か目新しい効果的な方法はこうだというより、従来から言われている方法をより体系的に説明し、ケースごとに当てはめやすく解説したものになります。

物事が続かないと悩んでいるひとには、良書だと思います。

現在、自分自身がプログラミング学習に取り組んでいます。
続けるために実践していることは、以下のようなことです。
・プログラミング学習を始める
 →重要性を認識する
・とりあえず、毎日1行でもコードを書く。
 →目標を小さく刻む、ルーチン化する
・成果はSNSで発信する。
 →コミュニティ
・学習のロードマップを立ててから学習する。
 →簡単にする
・できることが増えると楽しい。
 →夢中になる

4ヵ月ほど実践できていますが、確かに本書に書かれている内容に合致している部分は多いです。
自分の取り組みもあながち間違っていないと再確認しました。

このレビューは参考になりましたか?