【感想・ネタバレ】すべて忘れて生きていくのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年07月25日

エッセイ集でありながら、書籍の 紹介もされており簡潔で興味をそそる表現で、いくつかは欲しい書籍リストに入ってしまった程。心のどこかに引っかかる事に気づかせて頂いたり、私だけじゃない!と安心したり。なんだか温かい気持ちになりました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月19日

北大路公子『すべて忘れて生きていく』PHP文芸文庫。

これまでの酒まみれ、相撲まみれのぐーたらエッセイとは一味違う作品集。全部で4章で構成されているのだが、章を重ねる毎にテンションが下がるのだ(決して面白くないということではない)。そして、これまで余り描かれなかった自身のことに触れている点が興味深...続きを読むかった。

第一章は頑張らない理由を正当化しようという、いつもの北大路公子のぐーたらエッセイ。第二章は相撲好きを前面に押し出した、これもいつもの北大路公子らしいエッセイ。

第三章は一転して『北海道新聞』に掲載された書評エッセイと他の作家の文庫解説となる。時折、北大路公子らしさも垣間見えるものの、その真面目な書評と読書の幅に驚いた。

そして何と第四章は奇談集と題した創作短編となる。個人的には第四章はオマケみたいなもので、無い方が良かったかなと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月13日

楽しみにしていた新刊。今まで色々な媒体に載った文章をまとめたものらしいですが、最近のものも昔のものも区別がつかず、著者の姿勢が一貫しているのがすごい。
相撲の話を読めば興味のなかった相撲を見てみたくなり、書評も紹介された本を読みたくなる。最後の短編小説を読むと、気味の悪い怪奇譚で同じ人とは思えない。...続きを読む
一冊で色々楽しめるので移動とかに読むのがいいかもしれないです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月09日

今までは北大路さんののんびりな生活に安らぎ笑っていたのですが、50代になったこちらのエッセイは全体的に切なかったです(汗)

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

たびこ 2019年11月25日

大好きな北大路公子さんの本。
エッセイも面白くて好きなんですが、たまに書かれる不思議な小説にはいつも引き込まれます。今回もハズレなく面白くて満足です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月15日

安定のお正月と確定申告のくだり。
「呑んで読んで呑まれて読んで」
では読んでみたい本が沢山増えた。
巻末のダークファンタジー?もよい。
ほんとに文才ある人だ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月17日

第一章・第二章のエッセイをニヤニヤしながら読み、第三章で紹介されている本に興味を持ち、第四章(奇談集)で物語の世界に浸る・・・。この本、色んな風に楽しめました!
特に第四章は、「キミコさんの、ちゃんとした小説だー!」と興奮しましたね。前にどの本かで読んだ河童のお話みたいなのも好きだけど、おふざけ要素...続きを読むなしのお話も読んでみたいと思っていたので。
やっぱり巧かったし、作家さんだなぁ、と感心しました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月05日

北大路公子 著「すべて忘れて生きていく」、2018.5発行です。スー女(相撲ファンの女子の略称)の公子さん、前相撲(朝八時)から結びの一番(夕方六時)まで、だらだら酒を呑みながら、ひたすら相撲を観て過ごす完璧な一日を過ごしたいそうです(^-^) そして一年の目標は、「日めくりを毎日めくること」とか。...続きを読むぷっ!(^-^) 久しぶりの公子節、満喫しました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月22日

著者の様々な媒体で発表された原稿を纏めた一冊です。今回のエッセイは、爆笑というよりは、しっとりとした心打たれる内容が多くを占めています。特に「相撲好きにもホドがある」で纏められたエッセイは、相撲ファンという雑誌に載せられたもので、心温まる内容が多く著者のエッセイストとしての力量を感じることのできるも...続きを読むのになっています。そして、第4章の奇談集も小説のような読みごたえがあり良いです。あとがきには、作者らしいエピソードが載っており、笑えました。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年04月20日

爆笑、は無かったけれど、ふふ、となる所多数。やっぱり癒やされました。相撲愛がすご過ぎてそこもまた読み応えがありました。書評もまた面白く…。多くの本を読んでおられていて(当然か)、目線もまた個性的なので、ついつい読みたくなる♪私が読んだ事のかる作品は登場しませんでした。まだまだだな、私。小説2作も少し...続きを読む不気味で面白かったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月20日

少しずつ綻んでいた桜並木の花の蕾が、ある日、気づいた時には満開になっている。陽射しは温かく、風は柔らか。すべてが白く霞み匂いたつ。空を覆うように咲く視界に入りきらない桜。春は穏やかにやってくる。いつの間にか近づいてきて、そっと隣に寄り添っている。感情的にもイベント的にも起伏の少ない生活の中、それでも...続きを読む春はやってくる。いやなことはすっぱり忘れ今日一日を新たなスタートとして力強く生きていきたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月09日

公子作品の中でひたすら相撲愛がにじみ出た一冊
読んでるうちにわたしも相撲見ないといかんかな、って気持ちにさせられました

このレビューは参考になりましたか?