【感想・ネタバレ】「古今和歌集」の創造力のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年01月27日

全く興味を持って来なかった領域の読書ですが、作者の語り口に魅了され一日で読み終わりました。「やまと歌は、人の心を種として、よろずの言の葉とぞなれりける」という紀貫之の言葉から「こころ」「ことば」を組み合わせて「型」つくっていく、その「型」が日本人のメンタリティを生み出していく。国文学という地道な研究...続きを読むだけど、実はとってもディープな論を展開しているのではないか?と感じました。AIが急速に進展する今、「こころ」があるから「かたち」があるのではなく、「かたち」があるから「こころ」が育まれる、ってことと受け取りました。とにかく、作者の論理性に関心しました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月27日

 三大勅撰歌集と言われるが、私自身が万葉・新古今に比べて、あまり親しみがなかった。おそらく百人一首には最も多い数が出てくるはずではあるが…。正岡子規は古今集をそして編者の紀貫之を酷評していたらしい。しかし、それは伝統を破ろうとしない同時代の歌人への攻撃だった!貫之も古今も実は評価していたとは子規らし...続きを読むい。
なお、古今集の歌には6歌仙に見られるように一つの型(パターン)があり、百人一首に選ばれた歌と似た歌が多いことは驚くとともに、成程と納得できる面も多かった。
例えば「思ふには忍ぶることぞ負けにける色には出じと思ひしものを」(よみ人しらず)
「早春賦」「夢で逢えたら」などの現代歌謡に大江千里、壬生忠岑、小野小町などの古今的感性が残っているとの指摘も愉しい!思い当たるところが多い。

このレビューは参考になりましたか?