【感想・ネタバレ】砂子のなかより青き草 清少納言と中宮定子のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年04月26日

清少納言と中宮定子の絆は強し。
栄華なときは描かれど、その後の凋落をここまで追った作品は珍しいのではないか。
苦しんで悲しんで哀しんで。
そんな中でも主上と定子の仲睦まじさだけが輝いていて。
いや、それが輝いているからこそ、離される苦しみがあるのか。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年02月02日

宮木版「平安絵巻」は女達の情念渦巻く物語。
宮中の華やかさの裏に潜む、嫉妬に荒れ狂う女達の陰湿さ強かさが怖い。
ずる賢くて意地悪で、けれどみな宮中で生き抜くのに必死で。
女同士のドロドロした感情のぶつかり合い、駆け引きに背筋がぞわりとなった。

今まで私が持っていた清少納言のイメージは、中宮・定子を...続きを読む陰から支える、朗らかで賢く如才のない女性。
そんな清少納言の恋愛ものが読めて新鮮だった。
また紫式部がここまで悪く描かれる物語は初めてかも。
いくら清少納言サイドの話とはいえ紫式部がここまで悪者になるとは…ちょっと違和感を感じた。

このレビューは参考になりましたか?