【感想・ネタバレ】ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~ 3のレビュー

書店員のおすすめ

0歳から英語の勉強をさせたいな、女の子でもサッカーをさせるぞ——。妊婦の頃に夫と話していた、我が子との夢。でも、娘の成長は周りの子よりもゆっくりで…。

自閉症の愛娘・ムーちゃんと、悩みながらも一生懸命に前を向いて生きていくお母さんが主人公です。
著者・みなと鈴先生も自閉症の女の子のお母さんだからでしょうか、主人公の心境はもちろん、ときに温かく、ときに辛辣ともいえる周りの視線までリアルに描かれています。胸が締め付けられるようなシーンもありますが、やっぱりムーちゃんの成長がすごく嬉しくて、とっても可愛いんです。

丁寧な絵で描かれたマンガなので、文章だけでは実感が湧かないようなこともすんなり心に入ってきます。ストーリーの間に短いコラムもあり、作中に登場した言葉や症状、療育についての説明も載っているため、知らなかった事をたくさん学ぶことが出来ました。

幅広く、老若男女問わず様々な人におすすめしたい作品です。

ブックライブ書店員

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

購入済み

おススメです。

匿名 2021年02月19日

全く知らない世界の話しで、どんどん惹き込まれます。自分の立場だったら、、、と考えてさせられます。障害についても分かりやい解説もついているので勉強になります。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

細かく丁寧

まゆさん 2020年10月31日

自閉症について、細かく書かれている作品です。
主人公だけでなく、周りの人物の心まで深く表現されていて絵も丁寧で物語に引き込まれます。
続刊が楽しみな内容です。

このレビューは参考になりましたか?

「女性マンガ」ランキング