【感想・ネタバレ】図書館の殺人 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年06月01日

なるほどな。ナンバーロックの書いてある期限票ほどこに行ったんだろうなと思っていたけど、そういわれればそうか、他にいないなと思わされる。ただ殺人があったその時、被害者と加害者の間にどんなやりとりがあったのかなぁ。『鍵の国星』読んでみたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月23日

・読み終えて時間がたってしまったのでうろ覚えだが…
・論理の構築はこれまでのシリーズ通り。主人公たちキャラのユニークさと、推理小説としての論理性のミスマッチが楽しい
・犯人の意外性はある。というか、消去法だよねえ。私には犯人当ては無理だわ
・キャラものとして読むか、本格として読むか、どちらにも読める...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月08日

裏染長編第3作。ダイイングメッセージの扱い方が好きです。手がかりが揃うにつれ、ますます犯人が分からなくなるというジレンマに陥りますが、そこから発想を転換させて、1人の人物を浮かび上がらせる逆転の一手がお見事でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月26日

終盤の畳みかけるような推理は期待通り心地いい。個人的には体育館と水族館の方が好きかも。天馬の秘密にも少しずつ近づく柚乃。次はどこが舞台になって、天馬の秘密にどこまで迫るのか、楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月04日

シリーズ第4弾。(長編としては3作目)
キャラクターの分かりやすさも手伝って、相変わらずの読みやすさ。
もともとどんでん返し的な楽しみ方をする作家ではないので、じっくり読んで楽しむのに良い。

このレビューは参考になりましたか?