【感想・ネタバレ】ブルーハワイのレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2020年02月11日

キャッチコピーの「みんながみんな、それぞれのことに夢中だ」、そのとおり、そのままを描いた本だと思った。

どこか気怠げでやるせなくて、自分勝手な思考にまみれている人間の当たり前の心の中を見事に描写している。日常のなかにありそうでないような、独特な世界が見事なほどに描かれていて痺れた。

でもきっと、...続きを読む今の年齢で読んだからこそこの本の良さはわかるんだろうなと思う。出版当初だったらわからなかっただろうな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月06日

姉妹でも親類でも親友でも、どんな関係でもだからといっていつも気持ちよく一緒に居られるわけじゃない。
イライラしたり、相手をうっとおしく感じたり、でも気になったり、人と人との関係って思う以上に面倒で厄介。
そんな、いろんな関係が描かれていて、結局はみんな一人ではないんだなぁと当たり前のことを思った、

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年09月21日

不運続きだった矢先、福引でハワイ旅行を当てたものの、誰と行くかでもめた末に、おせっかいな元教え子にちゃっかりかすり取られたハワイ旅行。

親戚のお見舞いに女ばかりの家族と行く途中、友達に頼まれたことと、姉の元旦那の辰年で思い出したこと。

旅行先のチェコで友達と喧嘩して1人で入ったレストランでの写真...続きを読むを売りつけられて思ったこと。

お父さんとお姉ちゃんと車ででかけたとき、1人で車を飛び出し、そして置いていかれた謎の記憶。

もうすぐ店をたたむ予定の旅館に毎年宿泊に来るミュージシャンたちと、従業員のいとこの春子のこと。

9歳のときに亡くなったおばあちゃんだけど、その後もみすずの心に生きるおばあちゃんとの架空の思い出。

独特な雰囲気の話。

世の中には気が弱くて自己主張がうまくできずに空回りする人(私もです、ちなみに88年の辰年生まれ)もいる。それでも、みんな生きてる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月27日

ままならないの大群、去来。
なのに読んでしまう。こわいこわい。
何よりこわいのは、他者からの無意識の礫か。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月07日

題名や表紙から軽くて明るい内容を想像したが、中身は対照的に暗めでなんともすっきりしないものだった。

人間関係に悩みを抱える主人公の周りに、決して日常的とは言えない出来事が起きて主人公は翻弄されるが、主人公の悩みが解決される訳ではない。今読んだのは何だったんだろうと思う、不思議な読後感が残される。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月08日

表題を含む短編集。どれもこれも後味が気まずい。違和感が残る、なんとなくイヤとか、そんな終わり方ばかり。でも、この微妙なニュアンスは好きですね。誰もが白黒ハッキリさせる性格で正解を導いて正しい道に行くなんてありえないので。それぞれの人生に正解なんて無いのだから。主人公がそれぞれ、それで良いと納得すれば...続きを読む。。。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月02日

短編集。
どれも、なんだかはっきりしない人が出てくる。
「そこはハッキリ言っておこうよ! じゃないと後から面倒なことになるよ」と口を挟みたくなる。おせっかいだな。
でも、みんながみんなハッキリしていたら、誤解もうまれないだろうしつまらない毎日になっちゃうのかもね。色んな人がいるから刺激的なのかも。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月03日

ちょっと予想していた短編集とはちがった。もっと夏っぽいさわやかな青春っぽさを期待していたんです。青い感じ。
けど実際は負の感情がチラチラと垣間見れる短編集でちょっと疲れた。
久しぶりの青山さんの作品だったから楽しみにしていたのですが期待外れだったかな。

このレビューは参考になりましたか?