【感想・ネタバレ】青い島の教室のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2018年05月25日

暴力事件を起こし、田舎の学校に赴任した教師の物語。
暴力事件は教育に真摯に取り組んでた中で起こった事ではあるが、行き過ぎ感は否めない。
ただ、それで腑抜けになってしまったのか、ぐうたら教師と呼ばれることを何とも思わないように。

教師による暴力、行き過ぎた指導、モンスター・ペアレント、などよく耳にす...続きを読むるようになり久しい。
が、子供がという視点はないかも。
簡単に情報が入手できるようになり、頭の回転も速い子供たちは、ずる賢く立ち回れるのかもしれない。
でも善悪を判断するにはまだまだ経験が足りないので、容易に悪い方に足を引っ張られる可能性がある。

でもその先に広がる無限の未来を考えて、真摯に向き合う事の大事さ。
本来大人にしかできない事。大人がやるべき事。

不祥事があり、マスコミが騒ぐと、学校は何もしてくれない、先生は信じられないと反応してしまうかも知れないが、そんな風に親が家で話すと子供はそれを聞いていて、先生をバカにしてしまうだろう。もしくは先生が素晴らしければ、親を信頼出来なくなるだろう。

全員が子供たちを育てるのは、大人の責務だと考えていればすれば良いが、そうではない人、そうはできない人もいる中、易きに流れるひとも出るでしょう。
そういう世の中だからこそ、こんな教師にいて欲しいと思うんだろう。
自分自身がそうできない(する気がないのかも)から。

逃げずに向き合えるか。

このレビューは参考になりましたか?