【感想・ネタバレ】十津川警部 十津川警部「初恋」 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2012年04月16日

「江ノ電の中の目撃者」(EF63形機関車の証言)の後、高山で旅館を経営しているという初恋の相手。

最初は本人が殺されたという話があり、それを知らせた人が殺される。
実際は娘が亡くなっていたが、殺人事件になっていない。

延々と翻弄され、最後に手紙で終わる。
十津川警部の迷いが、そのまま話の展開の迷...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

十津川警部の初恋

ぴーえの 2019年12月13日

十津川警部の大学時代の初恋相手が主人公の本作。初恋が大学時代とは遅くないか?なんて思いながら読み始めましたが、冒頭から嘘をついて十津川警部に近付いてくる男、美人母子、地元の名士、警察幹部などが幾重にも絡み読み応えありの作品。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月10日

○明かされる十津川の初恋と淡い思い出となる殺人事件
捜査一課の十津川に弁護士・崎田が訪ね、十津川の初恋相手である原口夕子が亡くなり遺産を分けたい、という申し出があった。困惑する十津川だったが、翌日崎田が死体で見つかる。
死を疑問に感じた十津川と亀井は高山へ向かい、原口夕子の経営する旅館に向かうが、夕...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?